【vol.009】 内観し、取り除きたかった「経済的な不安」と「心身的な不安」


休んで、落ち着いてきて、内観ができるようになってきた

春になり、妻が二人の息子を連れて家に帰ってきてくれました。無事に一人増えまして。

それまでの冬の一軒家に一人で過ごしていた「陰」の暮らしとは打って変わって、「陽」の環境になりました。ポカポカした陽気の中で、長男のバタバタと廊下を走る音を聞いたり、次男のかわいく泣く姿を見たりしていると、少し、心が救われるようでした。


ようやく、家族から力を得られる環境になった、そんな感じがしました。


水を飲む一件から、そんなすぐにギャップがなくなったわけではありませんでしたが、それでもたかーく掲げていた理想の像はだんだん薄らいできていて、自分の中で許せる範囲が徐々に広がってきました。


例えば、働けない自分を許す。

心が落ち着いてきたら働けばいいんでしょうが、すぐには仕事復帰はできませんでした。春になってもまだ事務所にはちょっと顔を出す程度が精一杯で、日中は自宅でゴロゴロしていました。そんな状況を自分で考えるに、

「従業員が働いているのに、自分は家でゴロゴロして働いていない。経営者なんだから率先して働くべきだ」

という固定観念もありましたが、

「まぁ仕方ないや」

と許せる自分も顔を出してきました。



そうやって私がサボっている間は、息子たちと戯れたり、リビングのテレビに映し出されている映像をボーッと観たりしていたんですが、そうやって昼間から家でゴロゴロしていると、少しずつ、冷静に考えられるようになってきました。


鬱になって、とにかく他者を責めてきたけど、ところで一体自分はどうしたいんだろうか。どう在りたいんだろうか。そもそもなんのために生きてるんだろうか。そんなことを考えるようになりました。

それは自分の正直な思いを言語化する作業とも言えました。



内観して見えてきた「経済的な不安」と「心身的な不安」

そうして、自分の外に向いていたベクトルが、だんだんと自分の内側に向くようになってきたところで、自分の本心が何なのかを問い続けてみると、


「今は自分の中に不安がたくさんあって、怖い」


という感情があることがわかってきました。そしてその感情を受け入れないとこの状況を脱することはできなさそうな感覚はありました。


しんどいけど、その自分の身の回りにある「不安」ってものを分析して、取り除き、安心できるようになったら、この鬱から抜け出せるんじゃないか、そんな気がしました。


じゃぁその不安材料は一体何なのか。

それを考えてみると、大きく2つありました。


一つは「経済的な不安」

これから私は家族や従業員を経済的に困らせないだけ稼いでいけるのか。

そしてさらに言うと、それは金額の多寡だけによらないんだろうな、と思っていました。というのも、月商を何倍と伸ばしても不安が消えなかった実体験があったからです。

これは、お金の稼ぎ方や自分のライフスタイル、考え方など、様々なことが絡んできている、そんなふうに思いました。



そしてもう一つは、折れてしまったこの心が、もう二度と復活しないのかもしれないという「心身的な不安」

自分がなぜこのような鬱の状態になったのか、そのメカニズムさえわかれば対処ができるかもしれないけれど、メカニズムがわからなければこの不安な気持ちは消えないんだろうな、と考えていました。



しかし、どうやったらこれらの不安を取り除くことができるのか、その当時はノーアイデアでした。まったくわかりません。不安で抑鬱な日々が続きました。



===

この記事を書いている前川のツイッターアカウントはコチラ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あざす!嬉しいです!
6

まえぴょん@抽象思考オタク

自身が鬱になり、なんとか復活した経験から、自己肯定感と論理的思考力さえ高ければ鬱になりにくく、そして社会でも活躍できる人材になるという仮説を立てました。2018年に設立したNPO法人他力本願研究所では、その仮説をベースに人材育成に取り組んでいます。趣味:テニス、飲酒、考えること。

鬱は創造的自己破壊だと思った 〜依存と自立の心の地図〜

私が鬱になって、そこからどのように復活してきたのを書き留めた記事です。 私は2011年に鬱になり、それなりに復活し、2014年に「鬱になり、もがいて、復活して、いろいろ考えた結果、鬱は創造的自己破壊だと思った」(http://urx.red/UXut)というブログを書きま...

コメント2件

ちょうど鬱症状に苦しんでいる同期がいるので
「読ませたい!」
って、思います。

あ、言いませんよ。今、苦しんでいる真っ最中なので。。。

落ち着いて、少しずつ冷静さを感じられるようになったら
紹介したいと思っています。
りんちゃん

いつもありがとうございます。

そうですね、ある程度落ち着かないと、読んでも腹落ちしないかもしれないですしね。

その同期の方が少しでもラクになれることを願ってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。