見出し画像

私、ヲタク先生【5】

「あれ? お味噌汁の味がしない」

それは唐突だった。いや、以前から少しずつ思っていたんだけれど、ふとそう考えるようになった。味がしないのだ。今だって、たまにご飯の味が分からなくなって、濃い味付けのものを食べてしまうことがある。

そう、味がしない。感覚の鈍化、ってやつだね。鈍化ならまだいいんだけれど、次に起こったのが聴覚過敏。過敏、って言ったら言い過ぎだけれど、「耳に何か刺さってくる」っていう感じかな。特に高い音、大きな音、突然なる音、この3つがだめかな。

小さい頃からダメだったんだけれど、講師をしている時に急に気になりだしたってところかな。

もしかしたら、と思って心療内科に駆け込んだらお医者さんから

「ひどくなる前に来てよかったね」

と。

酷くなる前? これがまだ序の口? 訳が分からなかった。

ニュースで心を壊す先生が続出しているという話は聞いたことがある。でも、その割合はほんの数パーセントっていう感じ。私には関係ないや、って思ってた。だって、心を壊すなんて、よっぽどのことがない限りないでしょう。そんなにひどい場所ってそんなにないよね。って思ってた。

たかが授業が成り立たないくらいで心が壊れるなんてないよね、と思っていた。でもちがった。

今でも不思議に思う。なんで、壊れちゃったのかな。と。

だって、先生になるのが夢だったんだもの。小さい頃から温めて温めて、大切に大切に守ってきた夢だもの。

まるで小さなころの私がその夢を床に叩きつけて、

「ほら、拾いなさい」

と言わんばかりだ。

必死に拾い集めても、もう元には戻らない。砕け散ったガラスの破片で指を切ってしまった。赤い血が一筋、透明なガラスに線を引く。

「これがわたしのゆめ?」

「そうよ」

と小さい私が言う。温めてきたんでしょう、守ってきたかったんでしょう、と笑っている。

夢だものね、夢は綺麗で素晴らしいものだものね。これを拾い集めないと。

そう思えば思うほどに、ガラスで指を切っていく。私の指はきっと血で赤く染まっているんだろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

援助金は私の創作物の印刷費に主に使用されます。 また、余裕があれば保護猫ちゃんにも使いたいなと思っています。よろしくお願いします。

私の電波に付き合ってくださりありがとうございます
3

一色真鳴

新卒一年の時間を地方小学校の講師で潰してしまい、ただいま投薬治療中です。(._.) 学校であった良い事も悪い事も投稿していきたいと思っています。('◇')ゞ 子ども達にとって良い先生でいてあげられなかったことが今でも悔やまれるのです。

私、ヲタク先生。

講師時代の思い出を徒然なるままに書き綴った覚え書きのようなものです。 夢より現実(特に暗い)お話ばかりですが、私の体験を語りたくて作っています。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。