見出し画像

私、ヲタク先生。【16】

 こんにちは。このシリーズも第16回目。あいかわらずの振り子メンタルです。

 進展があったのでお知らせしますね。

 前々回で、専門学校の応募用紙を書いたといいましたね。(詳細は下に)

 先日、その受験票が帰ってきました。当然、兄や母親は大激怒。

「こんなところに行ってもお金と時間の無駄」

「作家になっても食べていけるわけがない」

「また逃げるつもりか」

「生活する力がないのに、行けるわけがない」

 そんなことをつらつらと言い重ねるのでした。

 親の言うことは、もっともです。

「精神的につらくなったのは、一過性」

「お前が弱いせい」

「もっと酷い所はいくらでもある」

「教師はいい職業だ、それ以外なんてお前ができるわけがない」

 一過性? 慣れて心が鈍感になるって事ですか? 

 あるいは、電流と犬の実験のように、無気力の学習というものですか?

 なにをしたって無駄なのは、昔からそうだったよね。どんなに努力したって、認めてくれなかったよね。

 努力が足りないからそうなんだって、思う人もいるかもしれない。でも、努力って目に見えない。無気力になるのも仕方ない。

 でも、文は違った。

 本を読んでくれる人がいる。

 pixivでいいねをつけてくれる人がいる。

 コメントをつけてくれる人がいる。

 あなた達がしてくれなかったことを、ネット上の人達はしてくれる。どっちを大切にするべきか、なんて子どもにだってわかるはず。

 私の中には、二つの心がまだいる。

 戻りたい私と、戻りたくない私。

 占いでは、戻らなくたっていいよ、大丈夫だよと教えてくれる。でも、目に見えるものがない。

 でも、目に見えるものだけが真実だって、私には思えない。

 朝焼けのしじまや、夕暮れの焼けた風の匂い。

 アスファルトの上に揺らめく陽炎のうねりや、さんざんと降り注ぐ蝉しぐれ。

 私は、二人の話を聞きながら思ったのです。

「選択肢の一つにするだけなのに、どうしてこの2人はそんなに怯えているのだろう」と。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

援助金は私の創作物の印刷費に主に使用されます。 また、余裕があれば保護猫ちゃんにも使いたいなと思っています。よろしくお願いします。

私の電波に付き合ってくださりありがとうございます
9
新卒一年の時間を地方小学校の講師で潰してしまい、ただいま投薬治療中です。(._.) 学校であった良い事も悪い事も投稿していきたいと思っています。('◇')ゞ 子ども達にとって良い先生でいてあげられなかったことが今でも悔やまれるのです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。