見出し画像

暗槓非リーチ門前者の1巡当たりリーチ発生率

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

はじめに

 先週の記事(ドラ切り非リーチ門前者の1巡当たりリーチ発生率)と類似の話です。今回は、暗槓した人のリーチ発生率についてです。

 一般に言われている文学的なセオリーとして、暗槓している他家はそうでない場合より手牌が整っていることのほうが多いということがあり、リーチが近いうちにかかることを想定することがよくあると思います。
実際のリーチ発生率がどの程度変化するのかを牌譜解析により調べてみます。

例題

例題1

例題2

どちらの例題も、南を切って完全一向聴にするか、他家のリーチに備えて危険牌の6pを先切りするかの選択である。
例題1では暗槓に関する情報はない一方、例題2では、9pを親が暗槓しており、リーチをかけられる巡目が通常よりも早いことが想定される。例題1と例題2で、選択が変わることがあるだろうか?

1巡当たりリーチ発生率の基礎データ(牌譜解析結果)

牌譜解析条件
・あるプレイヤーの切り順において、リーチが宣言されたかどうかを調べる。
・リーチ者はおらず、該当プレイヤーは門前状態である。
・該当プレイヤーが暗槓を1回以上している。
・暗槓直後の打牌ではない。
・巡目と暗槓した牌の種類(2回以上の暗槓がある場合は最後に暗槓された牌)で場合分けする。
・上記条件を満たした全体回数をリーチ宣言された回数で割ったものを1巡当たりリーチ発生率とする。
・暗槓された巡目は問わない。

1巡当たりリーチ発生率の表がこちら↓になります。

この続きをみるには

この続き:1,890文字/画像5枚

暗槓非リーチ門前者の1巡当たりリーチ発生率

麻雀数理研究会

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

麻雀数理研究会

私たち麻雀数理研究会は、麻雀に関する調査、数理的研究を行い、その結果を公開することで、麻雀文化を発展向上させることを目的とする団体です。代表はみーにん、会員はとつげき東北とnisiです。よろしくお願いします。

麻雀データ・戦術に関する記事

麻雀数理研究会の研究成果を著した記事です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。