二〇一六年十一月の短歌

オーブンのスフレ膨らみ窓の外見れば難民背丸めて行く


彼の焼くホットケーキが香りたつ土曜、秋晴れ、薬缶の蒸気


憂鬱と一緒に放てばくるくると楓の翼果地を目指しおり


黄葉の木々のすきまにちらちらと子らのヤッケはより鮮やかで


「下手でしょう、昔はもっと弾けたのよ」と鍵盤なでれば外は初雪


マフラーに顔をうずめて雪のなかあの人待った冬の故郷よ


ふわふわと決して積もらぬ初雪のはかなさ我の卵子にも似て


腹中で精子と卵子が出会うのは都市伝説の類のことなり


十六年ぶりの同窓会メールに迷うことなく書き込む「×」と


義母のためクリスマス菓子焼いたのは「無事、同化」示す嫁の気遣い

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

maho_m_stelz

二〇一六年の短歌

ドイツ暮らしを日記がわりに短歌にしたためました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。