見出し画像

好奇心の賞味期限

こないだ本の断捨離をした。世界のこんまり曰く、「いいから一度全部引っ張り出して一か所に集積しろ」とのことなので、出し切ってみたらまああるある。そのほとんどが積読であり、積んだことすら忘れてるんだから嘆かわしいわけですが。

どの本も確かに偽りなく「その時、その瞬間には読みたいと思った本」なわけで、でも、今じゃあ読めるかっていうと、読めないのよね。好奇心には賞味期限があって、読みたいと思った瞬間に読み始めないとダメだなと、少なくともわたくしのようなずぼらな人間は思います。後回しと後悔で人生を構成しがちな人間は往々にして、『読むべきだし、いつか読もう』と『あの時読んでおけばよかった』を行ったり来たりしているだけで、”今”が存在してなかったりするから恐ろしいものです。

結局、「今、この瞬間、この体」をどんだけセルフコントロールできているかがすべてだなと思うし、要するに好奇心の賞味期限って案外短いのよ、って最近特に思いますっていうメモ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます! 今後の記事への要望や「こんなの書いて!」などあればコメント欄で教えていただけると幸いです!

お読みいただき感謝です!
9

吉田将英

プロデューサー / コンセプター。日々の気づきをメモしていければと思います。 いろんな物事や組織の間の「関係性のデザイン」を仕事にしてます。著書『仕事と人生がうまく回り出すアンテナ力』『若者離れ』#映画レビュー #人間観察 #考え方 #電通 #若者研究 #考好学

気づき帖

日々の「世の中の見かた」の備忘録。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。