迷子

フィクションだったりノンフィクションだったりhttps://note.mu/maigomaigo/n/n0a24a092605c
固定されたノート

バターシュガートーストが好きすぎる

子供が好きそうな、体に悪そうな食べモノが大好きだ。例えばバターシュガートースト(メーカーによって名称に違いあり)。ホンモノのバターじゃない。バター風味のマーガリンだ。

 出会いは市販のものじゃなくて、高校の購買だった。当時わたしは若さゆえに食欲が底なしで、弁当持たされていたのにそれじゃあ足りず、こっそりパン買って食べていた。だがしかし、運動部に所属していたわけじゃないので、だらしない体型まっしぐ

もっとみる

13.「1ギガ」に収めるったら収める

現状Not格安スマホである。

 スマホの料金プランを見直した。ガラケーだった頃はしょっちゅうやっていたが、スマホに替えてからは面倒になったのだ。ズバリ料金体系がわかりにくい。

 3大キャリアの月額利用料が高すぎる点については菅官房長官が文句言ってくれたので期待はしていたんだけども、待てど暮せど「安くなった!」と実感する変化は訪れないまま。数年後には変わるかもしれないけど、そんなの気長に待っては

もっとみる

第四回文学フリマ札幌

札幌の出店はこれで3度目。自宅からテレビ塔までわっせわっせと冊子の在庫を背負って会場入り。2階となっているけど、テレビ塔の2階は実質5階なので階段で行っちゃダメゼッタイ。

 今回ブースは端っこだった。「なんかやりやすそう!良かった」と思っていたけど、これが後でとんでもない事態になる。

 まあそれを語るのはあとにして、地元のイベントだもんでスタート時に設営が終わっていない体たらくぶり。30分ほど

もっとみる

第四回文学フリマ岩手(当日と後日)

6月9日、初めての岩手で文フリに出店。会場は前日宿泊していたホテルから近かった。岩手県産業会館(サンビル)というビルの7階ワンフロア。文フリ札幌の会場よりかなり広く感じた。

 冊子はあらかじめ会場に送っていたけど、帰り、同じ量を札幌へ送り返すことがなければいいな…と思いながらイベント開始。

 ブースはこんな感じ。新刊は出来なかったので無料配布の冊子を出すことにした。POPを即興で作成するも、手

もっとみる

第四回文学フリマ岩手(前日まで)

6月7日夜、フェリーに乗って盛岡へ向かった。生まれて初めての船旅だ。

 旅行で遠方へ赴くときには必ず飛行機か鉄道を使って移動していたので船旅にはずーっと憧れがあった。とは言え、豪華クルーズなんて縁がないから、どこかの機会でフェリーに乗って移動したいと思っていた折に、札幌~盛岡のフェリー乗船券とバス乗車券がセットになっているお得なきっぷを見つけたので文フリ岩手に参加することにした。動機が不純だけど

もっとみる

ヨリミチクリーニング

文フリでのみ頒布している小説を有料noteとして公開します。有料部分の購入は、noteユーザーではない方でもクレジットカードやVプリカで可能です。

 購入方法についてはこちらをご覧ください。

 ひとまず、冒頭部分を試し読みとして以下に公開します。続きが気になった方はご購入くださいませ。(試し読みはページ換算で24ページ中3ページほどです)

【ヨリミチクリーニング】

 駅前のビル街の中にこじ

もっとみる