maihal

メディアで働く記者です。海とワインと本が好き。母さん業も。

ふるさとは痛痒い。

みなさんは、
ご自身の故郷が好きですか。
私は、ずーっと嫌いでした。

嫌いというのが言い過ぎならば
ずーっと逃げたいと思っていた。
あるいは
疎ましく思っていた。

私の育ったところは
雪国で
冬が死にたくなるほど寒く
家の中や車内は
頭が痛くなるほど
暖房が効いていて

TSUTAYAやファミレスや
パチンコ店が
国道沿いに並んでいる。

高校生が
遊ぶところといえば
ファーストフー

もっとみる

痩せたらすべてうまくいくシンドローム

無限ダイエットの根底には
無条件に愛され守られ庇護される
少女のような存在で
ありたい‥という回帰願望があるのでは。

という仮説をわたしは
もっているのですが
(前回https://note.mu/maimairomai/n/n29935740be94のつづき)

この回帰願望を原動力に
なんらかの努力でもって
身体を絞るという行為、
つまりダイエットは
わりと簡単に数字という結果に
表れたりす

もっとみる

やせたいやせたい狂想曲‥

人気女優やモデルを
肉眼でみると
「ここは小人の世界?」と
思うことがある。

いいえ、そこはテレビの世界。

画面でみると普通サイズと
思い込んでいた芸能人の多くは
細い!を通り越してもう
細工や体のつくりすべてが
0.7掛けみたいに「小さい」。

20代のころ、仕事で
彼女たちを見かけることがあると、
つくづく実感した。

「せめてあと3キロ痩せたら、
きっと‥」と
これまでの人生で
思わ

もっとみる

もう若くない女でよかったと思う朝

女で、しかも若くなくて
よかったと思うことはありますか?

朝の満員の通勤電車で、
人々がひしめきあいながら
スマホにかじりついたり
ヘッドホンを
耳に深く差し込んだりして
時をやり過ごしているとき。

目の前の20代前半くらいの
黒縁メガネの
ちょい太めな女の子の
様子がおかしくなった。

「気持ち悪い!気持ち悪い!」と
いいながら
目を閉じてぐらぐらし出し、
呼吸が苦しそう。
あまりの人口密度

もっとみる

ごめんねのひと。

そのお母さんは、
いつも目を合わそうとせず
どこか不機嫌だった。

むくむくした小熊みたいな
ちいさな男の子と、
おませなくせに甘えん坊の
お姉ちゃんのきょうだいがいて
このふたりはのびのびと
子供らしく活発だ。

なのに、そのお母さんは
笑顔をちらりとも見せず
うつむき加減。
挨拶をしても
素通りされたりして、
こちらも怪訝に感じていた。

子ども同士が同じ園というだけで
クラスも違うし
なにか

もっとみる

モテ、の正体

これまでの人生で出会った中で、
一番モテるひとは
けっこうなろくでなしだった。

語学に堪能で
楽器もできて(これ重要)
男女問わず友達が世界各地にたくさんいて
今となっては趣味の延長を仕事にし
一年の大半は海外を拠点にして
活躍している。

そしてすこぶるフレンドリー。
石でも友達にできるくらいフレンドリーで
ホスピタリティーにあふれ

どんな不美人でも
愛想なしでもネクラでも
女性とみれば

もっとみる