会話はキャッチボールじゃない

人と人との会話の例えとしてよく挙がるのが“キャッチボール”だけど、実は会話というものはキャッチボールじゃなくて“パス回し”に近いよな。実は野球よりもサッカーの方が会話の流れを例えやすいんじゃないか。

なぜならボール(会話)はお互いを行き来するだけじゃなくて、最終的にはゴール(オチ)に収めなければならないから。

ゴールを決めるには相手がシュートを打ちやすい位置にパスを出す必要があるし、時にはひとりで喋りまくるドリブルや、意表を突くロングシュートがウケる。

というわけで、これから会話を何かに例えるときはサッカーでどうでしょうか。パスカットは嫌われますよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

まこまこまこっちゃん

踊る!ディスコ室町 ギター
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。