日記20150207

○コミュニケーション

コミュ力って自分にないなとか、パッと気の利いたこと言われへんなと思ってあそこはああ言えばよかったの繰り返しになりがちやったんですが、最近になってコミュニケーションってその繰り返しなんやなと思いました。違うかな。



○帰属意識

最近テロやらなんやらで「国益」とかそういう言葉を目にしますが、僕には違和感バリバリです。「日本」に帰属意識を持つことが当然なんでしょうか?僕も多少は地元愛や今住んでたり活動してる場所へのリスペクトは持ち合わせていますが、近畿から出て暮らしたこともないし東へも西へも飛び出たこともそんなにないし、国益ってつまり誰の利益やねん全員の利益になるんかい?と思ってしまいます。勉強不足なのでこれから考えます。



○音楽とお金の話

5日、三条モダンタイムスにて永田純さんのお話を聞く。我々のようなバンドマンが最も気を遣わないといけないセルフプロモーションについてのお話。セルフプロモーションについてはミキさんがやってくれてることが正しいってわかったなという感想だったんですが、その後は音楽との向き合い方みたいな議論が白熱してました。ミュージシャンが集まってたんですが、一番びっくりしたのは先行投資と思って月に50万くらい使ってますって言うたお兄ちゃん。そのお金がどこから出てるんやというのは不明やったんですが、路上含めて年間330本ライブしてるらしい。

売れるために音楽するのか、なんか楽しいからふんわり音楽するのか、全部いいとは思うんですが、バランスが取れていないとせっかく楽しくても続かないのが現実ですよね。発表の機会や練習の場所を得るにはお金がかかります。

永田さんのお話の中でのキーワードとなった「シェア」。これから音楽の楽しみ方はレコード、CD等の私有からストリーミングによる共有(シェア)に変わっていくだろう、とのこと。そうなったときにどうやって利益を得るのか?わかりませんというのが答えらしい。皆がspotifyに月額課金する未来はくるのか?

結局色々わからんままやったんですが、それを切り裂くスタジオSIMPOコイズさんの至言、「音って結局空気が震えてるだけ」「それが心を震わせるだけ」。最高にパンクやしかっこええと思いました。ぼんやり思ってたことが体系化されたり言語化された日でした。中村佳穂さん誘ってくれてありがとう!

ちなみに中村佳穂さん、席近かったんですが話聞きながらとってるメモの字体が素敵でした。



○新しい映像

三条の某スタジオにて、ディスコ室町の新しい映像を撮影しました。このページが誰が見てるねん空間であるとはいえ詳細は書けませんが、とにかく掃除が大変でした。キラキラでファンキーな映像が撮れたのではないでしょうか。あとはクワカド先生の編集にお任せしてます。色んなとこで流れるといいな。

打ち上げは酒量も結構進んでアツい話になったりしました。今のメンバーで毎日楽しいのって最高やなと思ってますよ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

まこまこまこっちゃん

踊る!ディスコ室町 ギター
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。