ZOZO って本当に悪いの?

ZOZO って本当に悪いの?

 

【可視化された世界】

読んでよかった記事です。



ZOZO離れについて書いています。
テレビのワイドショーでZOZO離れについて取り上げられていたみたいですが、何故前澤さんは値引き企画をしているのか?がわかります。

 

値引きをして、その値引き額を店ではなくZOZO が寄付するという素敵な取り組みなのですが、それを否定する会社がZOZO から離れているという流れがあります。 

 

ブランド価値が下がるなどが理由らしいですか、今も新しく加入するブランドは離れる会社よりずっと多いみたいです。

 

しかし
「根拠のある値引き」がアメリカなどでは受け入れられている。  

 

常に値引きセールをしているGAPが閉店などでピンチなのに、ある会社は中間流通をカットして、原価も公表している。そこがすごく成長している。

ZOZOの根拠のある値引きを否定する会社や人はセールで値引きをするのも禁止にした方がいいという意見なのかな。セールの値引きよりZOZO の値引き理由の方が素敵だ。

 

どういう値引きだといいのだろう?と考えたら、そもそもセールをしない方がいいのでは?と思う。

 

僕の店もセールはした事がない。一度すると、もう定価では売れないと思っている。なぜその値段なのか?を伝える必要がある。

もう、スマホの時代で、あらゆる情報は共有されている。

 

その中で、たしかにアパレルメーカーのセールの連発に疑問を持っている人はこれからもっと増えそう。最初から安くしたらいいのに?半額でも利益あるってすごい!とみんな知っている。その中で、寄付するという施策の方が僕は素敵だと思う。しかも安くなるのは嬉しい。

 

前澤さんの先見性すごすぎる。

可視化された世界の中、こういう風にする方がみんなから支持されると思う。

 

ブラックボックスにするのではなく、どんどん公開するのが答えだ。

 

まだまだ、ブラックボックスの業界だったらなおさらそうだ。その中でみんなと同じ方向を向いて進むのが正解なのだろうか?

少なくとも、ZOZO は違った。服の通信販売なんて、当時は誰もが無理だと思っていた。前澤さんは、一人アパレルメーカーたちが向いてない方向に進み成功されている。

 

今の道は正解なのか?

正解な理由は何か?

他に道はないのか?

 

それを常に考え続ける必要がある。

 

その先に夢や目標の達成があると、成功している人たちが教えてくれている。

 

これは僕のオンラインサロンに書いた内容です。ほぼ毎日書いています。

 

オンラインサロン

 

大阪でダイビングスクールしています  

 

プロフィール

 

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

真木崇志

大阪でダイビングスクールを経営。SHOWROOM 公式/tiktok 厳選クリエイター プロフィール https://maki777.hatenablog.com/entry/2019/03/16/222951 https://rize-sea.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。