本の「はじめに」を公開します。

 

クラウドファンディングでチャレンジした本作り、完成しました。

 

 

そして、販売スタートしています。

 




ご購入ありがとうございます!




SNSで、いいよ!と書いていただいたら凄く嬉しいです!全力でいいね!しにいきます

!!!!

 

本は

僕の店か、ネット販売をしています。

 

[https://rizediving.thebase.in/:title]

 

どんな本なの?ということで

 

その本の「はじめに」を公開します。

 

 

はじめに

 

 

 僕はこの本を、クラウドファンディングにチャレンジして作った。多くの方の応援のおかげで、達成できました。ありがとうございます。僕がどうして本を作りたかったというと、いくつか理由がある。まず、信用って何だ?という疑問の、自分なりの答えが出たからだ。

著名人が、「これからは信用の時代」という言葉をいつの間にか言うようになったけど、僕はその言葉を聞いても、イマイチよくわからなかった。

 

いくつか本も読んだけど、イマイチわからない。

 

なんだと思いますか?

その答えを探して、僕は今年の二月から「行動」するようになった。

その中で、凄く素敵な人に沢山出会えた。大阪の平野区で銭湯をされている店長や、姫路でスナックキャンディを運営されている方、切り絵作家として活動されている方、尊敬できるかっこいい関東に住んでいる美容師をされている方と、デザイナーの方。お二人はわざわざ僕と呑む為に大阪に来てくれて、一緒に呑んだ。これってすごくないですか?

 

行動している中、様々な事にチャレンジもしてみた。ポルカは二回達成して、SHOWROOM配信では公式アカウントになれた。

この本作りのクラウドファンディングも、五十万円達成できた。その間、僕が何を考え、何をしたかもこの本に書いている。

 そして、この本をどんな人に読んでもらいたいかというと、僕みたいに「信用の時代って何?」と思っている方や、これから行動しようとしている方、そして人の夢を応援している人などです。僕の好きなダイビングの事も、勿論外せない。僕の人生からはもう離せない、僕の一部になっている。

僕の過去にもふれてみた。

この文を読んでくれているほとんどの人にとって、僕の事は誰だろう?状態だし、ましてや過去なんて知らないだろう。僕は二十九歳で起業して、大阪でダイビングスクールを経営している。今三十五歳だが、僕はこれまで多くの困難を抱えて生きてきた。現在も色々抱えているし、きっとこの先もあるだろう。例えば、ある時はまさに絶望だった。

前向きで、毎日けっこう楽しんでいる今の僕からは、想像も出来なかったとよく言われる。そこで、せっかくなのでそういう部分も本に書いてみた。

 

少し書くと僕は幼少期に「奇跡」を体験した人間。

ある先天性の病気を持って生まれて、僕は生後三日でお腹を手術した。

そこからずっと通院していた。

そして、僕のコンプレックスもさらけだした。

よく僕は自ら死を選ばなかったとも思う。

 こんな人間もいるんだ、でもいいし、行動するきっかけにでもなればいいし、この本を読んで少しでもプラスになれば嬉しい。

 

何も僕は最初から行動する人間じゃなかった。どこにでもいる「何もない人間」だ。今は夢や目標の為に、必死に毎日あがいている。凄くないからこそ、ひたむきに、あがいている。しなくて叶うなら、努力なんてしたくないのが本音の、普通の人間だ。

中にはクラウドファンディグをどうやって達成したか?なども書いてるけど、おもに僕が行動をして、わかった事を書いる。

すでにあるビジネス書のようなことを書いても仕方ないし、僕が書く意味なんてそれだとない。情報が溢れた社会において、そもそも僕なんかが知っている情報なんて価値なんてないのを知っている。ここに書いたのは、僕がもがき、あがき、努力を続け、行動して得た「生きた、生々しい経験」だ。

 それでは始まります。

 

[https://rizediving.thebase.in/:title]

 

 

オンラインサロン運営しています。様々なチャレンジを公開しています

月額500円です。読むだけも大歓迎です!日々、記事を書いていきます

[https://camp-fire.jp/projects/view/98975:title]

 

感想レターだと嬉しいです!

[https://letterpot.otogimachi.jp/users/33015:title]

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

真木崇志

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。