あなたは、

「僕はぼんやりしているから、いけないところがあったら遠慮なく指摘してほしい」

そう言われて驚いた。私はその人と接していて、ぼんやりだなんて一度たりとも思ったことがなかったからだ。むしろ、私のことをいつも気にかけてくれている神経の細やかな人だと思っていた。私が悲しくないか、退屈していないか、元気でいるか、おなかをすかせていないか、仕事を溜め込んでいるのに無理して時間を作っていないかどうか、などなど。あまりにも細やかで、ときどき「ありがとう、でもそんなに気にしなくていいのに」と思うほどに。

過去のさまざまな経験からそう思うに至ったであろうことは、これまでの会話から想像がついた。「あなたはぼんやりしているから」に続く言葉を、たったひとりで受け止めてきたのだろう。全然関係のない困難すらも、もしかして自分のぼんやりが原因なのではないかと逡巡してきたのだろう。その人の細やかさは、悲しみや自責の念といったものに磨かれ、鍛えられてきたものなのかもしれないと想像すると、胸が痛んだ。

  *  *  *

「あなたは〜だから」は、占いでもよく用いられる文脈だ。生まれもった星を読み解きながら、ご相談者様の運命や本質を前提に、よりよく生きるためのヒントをご提案する。このとき、私はとても緊張してしまうのだ。あなたはこういう人だと言うことが、その人を踏みにじることになっていないだろうか。その人を頑なに小さくしていないだろうか。言葉で規定する以上は、枠にはめるということだ。ただその枠というものは、その人がその人らしく生きていきたいと思うものでなくてはいけない。その枠を踏み台に、さらに広げていきたいと思えるような。「あなたは〜だから」という言葉は、かようにも強い影響力を持っているのだ。

  *  *  *

「私はあなたがぼんやりだなんて、一度も思ったことはないよ。今まで誰に何を言われてきたかは知らないけれど、私はそうは思わないよ」

冒頭の言葉を言われるたびに、私は主張した。これからも、何度でもそう言うつもりだ。その人の思いを否定するつもりはない。あなたはそう思っているのかもしれない、でも私は思わないんだ。そう言いたいのだ。

私は小学校1年生から4年生まで、担任の教師から「あなたはブスだから、いじめてもいいし殴ってもいい」と言われていた。大勢のクラスメートの前で、毎日のように叩かれるのが常だった。あれからずいぶん時が経ったというのに、いまだに「あなたはブスだから」の声が脳裏にこだまする。繰り返し人格を規定される言葉というのは、骨の髄まで染み込んでその人を作る。人生でうまくいかないことがあるたびに「あーブスだもんな」と思ってしまう。行動のベースが「ブスだからこの戦略でいこう」になってしまう。それが認知の歪みであることはわかっているのに。だからこそ、私は誰のことも踏みにじらずにいたいと思うのだ。踏みにじられた側の人間として、できることがあると思うのだ。


2019年上半期の占いが本になりました。

Twitterで毎日、星を読んでいます。

Instagramで毎日、タロットカードを読んでいます。

ブログではもう少し大きな星の動きを読んでいます。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます。サポートをいただきました折には、ブログやTwitterで公開している日々の占いを充実させるための勉強に使わせていただきたく思います。

ありがとうございます!あなたにも嬉しいことがありますように。
57

真木あかり

占い師の真木あかりです。四柱推命、占星術、タロット、風水、九星気学などで鑑定・執筆を行っています。LINE占い「チベタン・オラクル」監修。個人鑑定もLINE占いアプリにて承っています。著書『悪魔の誕生日事典』(宝島社)等、好評発売中です。

真木あかり

コメント4件

胸が痛むなんて、なんて優しいひと。


胸に迫って、離れない。


こちら、詩をおつくりしても、いいですか?
大野さん、いつもお読みいただきありがとうございます。もちろんです。とても嬉しいです。
https://note.mu/poet_ohno/n/ne93c2a600905

ありがとうございます。
こんなふうに、してみました。
私の中で、何か、祈りのような、エールを送りたくなるような
そんな気持ちが熱く滾ったので、言葉にせずには、いられませんでした。


追伸
 フォローありがとうございます。ご存知のように、私は詩を書いております。
 出版したり、書籍や音楽のレビューをしたり、楽器を演奏したり。もしご興味がありましたらお問い合わせいただけますと幸いです。また、いただいたコメントから詩を書いたりもしておりますので、もしお気に召した詩がありましたらお言葉を置いていってくださるとうれしいです。
この記事に今頃気付いて拝読しました。

私は言語や言葉に興味があるので
人の言葉や文章に人一倍勇気や元気(少しアンパンマンぽい響きですが)を貰っていると感じるし、逆に人の何倍も人の言葉を気にして何年も昔の出来事を反芻してしまうこともあります。(しかしこれは、ただの性格かもしれませんね…)

あかりさんの小学校時代の教師の言葉に開いた口が塞がりませんが、私が伝えたいのは、あかりさんの文章からはいつも読み手を慮る雰囲気を感じます、と言う事です。
あかりさんの占いは勿論、文章にされる言葉選びがとても好きです。
それから、あかりさんはとっても綺麗だと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。