エンパワメント。

 今「ココハナ」誌で連載している『赤白つるばみ・裏』は美大在学中に念願の漫画家デビューを果たしたサブカル新人漫画家ノエル子さんが、異端のカリスマ谷崎先生のアシスタントに通いつつ、自己のまんが道を模索していく、漫画家漫画になっています。毎回、ここまで描いたら何か言われるかな〜と心おののかせながら(嘘です)提出していますが、懐の深いココハナ編集部からは特に何も言われません。

 発売中の2月号では、総てのジェンダーバイアスのかかった漫画よ滅びろ、と、いう趣旨のことを描いたのですが、私がそう描いたくらいのことでは残念ながらどうもなかなか滅びてくれそうにないので、全国の(あ、いや、私も含め国外にいる作家も近頃は多いことですし、全世界の)漫画家の皆さん、ひとつご協力よろしくお願いします。作家が皆今後一斉に、もう、使い古されたジェンダーステレオタイプを描くのはやめよう、と、意識するだけで、ほぼ解決したも同然です。

 そして、そろそろ編集者の皆さんも、ジェンダーステレオタイプなネームを見てしまったら、言ってはいかがでしょう。「こういうのは、やめませんか?」と。「本当にこういう設定・描写は必要ですか?」と。そう言われて、「いや、私は信念を持って家父長制の保持に貢献、推進する漫画を描いていきたいので、こればっかりは譲れませんね。」という作家さんがいるとは、あまり想像できない。

 大体のジェンダーステレオタイプマニュファクチャラー(私の造語です)は、自身のジェンダーバイアスに気づかずに、特になんの疑問も持たず描いているのだと思います。それはまことに残念なことだけど、作家として公に発表している人だからといって、環境や経験値には個人差があるだろうから、意識が及ばなかったとしてもある程度仕方がない。作家に責任はあるが、間違うことだってある。今まで気づかずうっかり自己の偏見をそのまま垂れ流してきてしまっていたとして、たとえば担当さんに言われて初めて気づいたら、そこで悔い改めるなり恥じ入るなり、身悶えして変わればいいじゃない。誰もそれによって傷つかないし、困らない。祝福だってするだろう。

 それは少女漫画、女性漫画だけの問題では全くなく、少年漫画、青年漫画にとっては尚更大きな課題であることは間違いないが、少女漫画でデビューして、描いてきた身としては、主に女性の作家が描き、主に女性の編集者が作っている雑誌が、主に少女である読者にジェンダーステレオタイプを刷り込む、というのは、とても悲惨で、許しがたい構造だと思う。少女漫画は、もっと少女の考え方や生き方を自由にするものでなければ、それは少女に対する裏切りではないか。たかが漫画に、そんなこといちいち考えなきゃならないのか、不自由なことだ、というのは筋違いで、もうすでに我々は十分不自由なところにいるので、それを遅ればせながら解放していきましょうという話です。もっと理想を言うと、少年誌とか少女誌というカテゴリーもなくなってジェンダーニュートラルな漫画誌が主流になったら、多分、いろいろ違ってくるだろう。

 やっと露呈してきた、カジュアルな、日々そこにあるセクシズムをこれ以上容認、恒久化させないために、漫画家の私にできることは漫画でする。
 でも一人では貫徹できないので、作家のみなさん、編集者の皆さん、そして読者の皆さん、そこはひとつそれぞれの可能な範囲で、よろしく。そうすれば、ほらね、少しマシな世界が広がっていく。


#漫画 #出版 #表現 #ジェンダー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

317

楠本まき

note編集部のお気に入り記事

様々なジャンルでnote編集部がお気に入りの記事をまとめていきます。

コメント6件

先生の仰る通り、すべての表現は多様性などという戯言に甘えず、唯一の正しい先進的な規範に沿ったものでなければなりません。
遅れた表現は社会に悪影響なのですべて滅びるべきです。子供たちによい社会を残していくため、ガイドラインなどという手ぬるい手法ではなく厳密な法規制が必要とされています。そうでもしないとしぶとく残っていくでしょうから。
アニメ・マンガ大好きの20代の学生(男)です。インタビュー記事を読んでこのノートを知り飛んで来ました。
ジェンダーバイアスや少女漫画について、本当に仰る通りだなと思うことばかりでした。自分はほとんど少女漫画・アニメは見ないのですが一度友達にしつこく進められて君に届けというのを少し見ました。全話見る気でいたのですが途中でしんどくてやめてしまいました。やっぱり少女漫画は自分には向いてないなとしか当時は思わなかったのですが、インタビューの中で仰られてた様なことが気に入らなかったんだと思います。

ですが少年漫画は違うと思います。インタビューの中で「少年漫画誌に出てくる女性のキャラクターには性格や意志がない・だから私は少年漫画をあまり読まなくなった」という趣旨の事を仰ってますが、最近の少年漫画にはそのような傾向はあまりないと思います。最近の少年漫画を私の独断と偏見で分類しますが、ナルト、ブリーチには確かに指摘されているようなジェンダーバイアスの掛かったヒロインが登場します(ヒナタや井上)。
ですがワンピース・鋼の錬金術師・進撃の巨人・サムライチャンプルー・カウボーイビバップはメインヒロイン・その他女性キャラほぼ全員が強い自我を持っています。ワンピースのヒロイン、ナミは主人公と出会うまで自分の故郷を救うためにずっと一人で海賊と戦い財宝を盗んでいた信念の強い女性として描かれてますし、あとから仲間に加わったニコロビンも強い女性として描かれています。
進撃の巨人なんかはアニ・レオンハートというキャラがKISSxxxのかめのさんと目つきが似ていて、聡明で常に冷めたような態度でカッコいいです。メインヒロインであるミカサ・アッカーマンは飛びぬけた新体力と冷静さを兼ね備えているし、なんといっても人類の希望である調査兵団の団長が途中でハンジゾエという女性に変わりますし、王様も途中で殺され女王が即位します。進撃の巨人の原作者諫山創先生は聖書や北欧神話・洋画などにも精通しており、日本の古き悪き価値観を全く持たれていない方だと思います。そんな方が描いてるマンガが今日本で最も売れている少年漫画なのですから、今の少年漫画は楠本先生も気に入られる物が多いのではないかと考えています。
長文失礼しました。
ニュートラルを誰が決めるのよw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。