お前が血と暴力を求めるならば『Heat Signature』をプレイするべきだ

他人を傷つけるのが好き?

派手に皆殺しにするのが好き?

ステルスで一人ずつ消していくのが好き?

相手に何もさせないまま蹂躙するのが好き?

様々な殺害方法を一つづつ試してみるのが好き?

人の乗り物を強奪して乗り捨てるのが好き?

大きな乗り物同士を衝突させるのが好き?


ようこそ、Heat Signatureの世界へ。ここにはお前の望むもの全てがある。


本作は、あの傑作パズルアクション『Gunpoint』を開発したTom Francis氏が開発した、トップダウンシューターステルスアクションリアルタイムタクティカル車泥棒、その他様々なジャンルや要素を全てゴチャ混ぜにして、Sci-fi宇宙サンドボックスにぶち込んだような作品だ。全部乗せの欲張りゲームと言われてしまいそうな字面だが、このゲームは違うのだ。

複数のジャンルを(半ば無理やり)融合させる試みは過去に山ほど行われてきたし、このゲームがこれまでとは明らかに違うジャンルを扱っている、というワケでもない。本作が優れているのは、ゲームを構成する全ての要素がお互いを邪魔し合うことなく整合性を保ったまま全部乗せのコッテリ感も感じさせることなく、見事にサッパリとカジュアルな仕上がりにまとまっている点である。

…長ったらしい前置きは終わりにしよう。僕はカタカナ言葉固有名詞ばかりが並べられているような腰抜けレビューが大嫌いなのだ。さっさと本題に入ってしまおう。きっとお前もそれを望んでいるだろう。

僕が言いたいのは、こいつは最高の宇宙ドンパチゲームであるということだけだ。今日はそのドンパチゲームがどれだけ最高なのかということを伝えていこうと思う。

▲トップダウン視点は真の男のゲームの条件の一つだ。


まず、このゲームは自由なゲームだ。

自由と言っても色々あるが、とりあえず僕がこのゲームの本質に気づいた時のエピソードを紹介させてもらおう。

「この宇宙船のコイツを暗殺してくれ」というミッションを受けた僕は、自慢のポッドを発進させ、暗殺対象が乗る宇宙船の元へ向かっていた。すると、その道中に目標とは別の宇宙船が飛んでいるのを発見する。「こいつはもしかして…」、あるコトを思いついた僕は早速その宇宙船に侵入、ノンキな乗組員を数秒で皆殺し、彼らの死体を船外に放り出すと、その船のエンジンを始動させた。思ったとおりだ。少し挙動にクセがあるが、制圧した宇宙船は自由に動かすことができる!しかもコイツはミサイルを撃てるらしい!良いものを手に入れた。そのピーキーな動きに苦戦しながらも、僕は喜々として本来のターゲットの元へ向かった。アタマの中はターゲットが宇宙船もろともバラバラになる姿でいっぱいだった。なんとか目標の宇宙船の元へたどり着き、自機をその横にピッタリと張り付かせた僕は、正確無比なミサイル射撃を開始した。想像通り、敵船はみるみるうちにバラバラになり、ターゲットも宇宙空間に放り出され死亡した。このゲームは自由だ。気づきを得た僕は宇宙船の残骸がフワフワと浮かんでいるのを見ながらゲラゲラ笑っていた。

本作の寛容さはちょっとどうかしてるレベルで、プレイヤーの「こんな攻略が可能ではないか」「こうしたらカッコよく敵を殲滅できるのでは」というひらめきを素直に実行させてくれる。そう、お前は何をしたって良いのだ

僕がやったようにミサイルで全てを粉々にしてしまってもいいし、正攻法で宇宙船に侵入、各個撃破で攻略していってもいい。様々なツールを活用すれば、全く敵と接触しないまま目標をクリアすることだって可能だ。

そして、このゲームの寛容さをさらに高めるポイントとして、失敗の扱いの軽さが挙げられる。

本作には暗殺に救出、ハイジャックなどのミッションが用意されているのだが、時折、それらに「誰も殺すな」「アラート状態にさせるな」「皆殺しにしろ」などの追加条件がつけられていることがある。もちろんそれらを正確に実行すれば報酬をきちんと貰えるが、それらを守らなくても報酬が少し減るだけで、デメリットやペナルティと呼べるほどのものはない。そう、成功のメリットはちゃんと存在するが、好き勝手やってデメリットが発生することは殆どないのだ。お前の行動の全ては許される。

プレイヤーの命も軽い。本作では複数のプレイヤーキャラクターが存在し、それぞれ固有の名前やミッションを持っている。プレイヤーはその誰かを選んでミッションを攻略していくワケだが、このゲームにはリトライや復活の概念がない。死んだらプレイヤーも装備もロストになってしまう。名有りのキャラクターがあっさり死ぬのだ。アッサリ死んで、何事も無かったかのように別のキャラクターが補充される。たとえキャラクターが死んでしまったとしても、それはゲームの進行に全く影響を与えない。あまり死ぬことはないのだが。(でも死ぬ時はすぐ死ぬ。)

こいつはホットラインマイアミやその他の死に覚えゲーのような、同じステージを何回でも繰り返して覚える、というタイプのものでなく、失敗は過去!死は過去!というふうに、先のことだけを考えていけるゲームで、そのカラッとした感じも本作の懐の深さを感じさせるひとつの要因になっている。これは後述するこのゲームのテンポの良さにも繋がっている。

要するに、お前は難しいことを考えずに、自分の殺意の赴くままに暴力を行使できる、ということだ。

▲ミサイルで破壊した部分からも侵入することができる。


次に、このゲームはとにかくテンポが良い

前述した失敗の軽さ、命の軽さと重なる部分が多いのだが、とにかく次!次!という感じで、ゲームの進行のテンポを悪くする要素が全く存在しないのだ。ミッション以外のことは拠点で全て完結させられるし、ミッションを受けたらすぐに出撃することができる。そしてミッションを完了して拠点に戻れば簡単なリザルトのみ表示され、またすぐに新しいミッションを受注することができるのだ。もちろん脂っこいシネマティックなムービーなどは皆無だ。

もうひとつ、本作のテンポの良さを加速させる、あるシステムの存在がある。このゲームのプレイ中に自由なタイミングでFキーを押下することで、ゲームスピードを6倍にすることができるのだ。単純な早回しである。こいつは操作しながら行うこともでき、これを利用することでポッドでの長距離移動のストレスがゼロになる。単純で簡単なことだが、これはかなり効果的な要素である。

▲プレイヤーキャラクターたち。彼らそれぞれに名前と過去があるが、ゲームプレイには全く関係ない。


ここいらで本作の戦闘について語らせてもらおう。

まずは僕のエピソードから。

僕の前に3人の乗組員が立ちふさがった!メインウェポンの銃の照準を敵の一体に合わせて射撃!そこでポーズ!セカンダリの銃の照準を別の一人に合わせて射撃!ポーズは解除され、狙われた二人はほぼ同時に死亡!そこでポーズ!残った一人が射撃準備を完了しようとしている!そこで僕はインベントリにあるカタナをメインウェポンに設定!クールタイムは武器ごとに設定されているので即攻撃可能!!!強襲!!!死亡!!!

このゲームの戦闘の特徴的な点として、いつでもポーズが可能で、ポーズ中に次の行動を決め、ポーズ解除した瞬間に最速でその行動を行える、というのがある。照準を合わせるタイムロスが存在しないということだ。つまり最速で敵をブチ殺せるのだ

そしてもう一つ、特徴的な戦闘システムがある、武器のクールタイムはアイテムごとに設定されるというものだ。例えば同じ銃を4つ持っていて、メインとセカンダリに2つ装備しているとする。ポーズを活用し、ワンショット・ワンキルで二体の敵をブチ殺す。そこでまたポーズを開き、使っていないもう二丁の銃をそれぞれメインとセカンダリに設定する。すると、使った銃のクールタイムを無視して即時攻撃することができるのだ。

このシステムを活用することで、戦闘には無限の可能性が生まれる。戦闘の可能性とは殺戮のバリエーションのことである。近接武器に射撃武器、数々の戦術ツールを組み合わせて、自分だけの蹂躙スタイルが楽しめるのだ。

冒頭にこのゲームにはタクティカル要素がある、と書いたが、アレは嘘だ。こいつはそんなにカッコいい呼び方のできるモノではない。全てが一方的な暴力の為に存在する、脳筋ゴリ押しシステムなのだ

もちろんこのポーズまわりのシステムは戦闘以外、ステルスにも活用できる。繰り返すが、Heat Signatureは自由なゲームだ。何をしてもよいのだ。

▲銃弾が迫っている。敵との位置を入れ替える「swapper」を使えば…


そしてなによりも、このゲームはユーザーに対して非常に真摯なゲームだ。

本作は単純にレスポンスが良く操作系のストレスは全くない。キーボードとマウス専用のゲームなのだが、操作は全てWASDとマウスに手を置いたまま完結できるし、UIが見づらいというのもない。

ゲームを起動した時にロゴなどが表示されることはなく、シームレスにプレイを開始できるし、ゲームを終了したい時もパッと終わらせられる。

ミッション選択の時には、ターゲットの宇宙船の兵士はどんな装備をしているのか、などの情報が細かく表示されるので、どうやって攻略するか、というのを考えてから選択、対象のもとへ向かうことができる。(もちろん行き当たりばったりの攻略だって大丈夫だ)

前述した寛容さ、テンポの良さと合わせて、Heat Signatureは、とても丁寧に、ユーザーフレンドリーに作られているゲームだ。この気配りの行き届いたユーザビリィも、プレイを気持ちのよいものにしている一つの要因なのだ。


最後に。

2017年はAAAタイトル、インディー共に豊作の年で、ちょっとどうかしてるんじゃないかというレベルで話題作ばかりであった。

コンシューマーだと、Switchから始まった任天堂の快進撃に、ニーアオートマタなど国産タイトルの復権。海外タイトルだってスゴかった。インディーは『OneShot』や『RUINER』、『Sexy Brutale』も素晴らしい作品だった。これから『VA-11 Hall-A』や『返校』の国内向け販売だって控えている。

僕が今回紹介してきた『Heat Signature』は、今年話題になってきた多くのタイトルたちのように、キャッチーで独創的なビジュアルがあるわけではないし、感動的なストーリーだってない。初見でトレーラーを見ても何するゲームなのかよくわからないだろうし、僕も『Gunpoint』の名前だけ見て買ったクチだった

しかし、僕がずっと語ってきたように、今作は紛れもなくゲーム史に残るべき最高のゲームのひとつだし、2017年GOTY候補の一つだし、少なくとも僕にとっては2017年最高のタイトルの一つだった。

血と暴力を求める破壊狂の洋ゲーマーであるにも関わらず、本作をスルーしてしまうのは最も愚かな選択である。本作は、そう言い切れてしまうほどの熱さと暴力性を秘めているゲームだ。



本作のストアページ

公式ツイッター



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ラヴ……
13

まきちゃん

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。