2018年期待のインディーゲーム10選


2017年が終わる。今年はビデオゲームが大豊作の一年だった。国内外ともに大作、話題作が山ほどリリースされた。「ここ何年で最も恵まれた年だった……」「2017年は史上最高のビデオゲーム・イヤーだった……」そんな声もチラホラと聞こえてくる。

いや、悪いことではない。ゲームに感動して、史上最高のゲームだった、おれはこのゲームに出会うために生まれてきたのだ、と思えるのは世界でいちばん幸福なことのひとつだ。

しかし忘れてはいけない。2018年にもゲームは出るのだ。2018年がお前にとって史上最高の当たり年だった、という可能性も大いにあるのだ。

という訳で今回は、お前らが気持ちよく、2018年に希望を持ってワクワクしながら年を越せるように、僕が本当に楽しみなゲームを10本厳選して紹介していこうと思う。

僕は血と暴力のみを信じるゲーマーなので、紹介するタイトルもそんな感じのものが中心となっている。あとコンシューマ機とかハイスペックパソコンとかも持っていないので中~小規模のインディーゲームしか紹介していない。

それではやっていく。


『Doko Roko』

隕石と呪われし大地より鍛えられし大剣をブン回す!敵をブッタ斬る!敵弾を切り捨てる!塔を上り、死んだり殺したりする!

『Doko Roko』はボストンの個人開発者Eric Mack氏による高速2Dローグライクアクションだ。今日の洋ゲーにおける「ローグライク」というのは「おまえはたくさん死ぬ」という意味だ。

クールでユニークなアートワーク、キュートなキャラクターデザイン、繊細でなめらかなピクセルアートのアニメーション、ドハデなアクション……全人類が大好きな要素がギチギチに詰まっている作品であるということがトレーラーやスクリーンショットから伝わってくる。

この作品、大部分がEric Mack氏一人の手によって制作されているらしい。彼のセンスが色濃く出たゲームになりそうだ。開発は現在ノッてる感じらしいので、2018年中のリリースに期待しても良さそうだ。最高に期待できるタイトルなのでお前らもチェックしておけ。

Windows/Mac/Linux向けに年内リリース予定。

Kickstarter Twitter


『Katana Zero』

天国の塔Pause Aheadで知られるクリエイター集団、Askiisoftによるスタイリッシュ2Dアクションだ。

サムライでサイバーパンク、そして時間操作によるスタイリッシュな2Dアクション。敵は一撃で死に、お前も一撃で死ぬ……つまりこいつはマイアミで、真の男のゲームだ。人を傷つけるのは好きか?

こいつは80年代サイバーパンク・ネオノワールらしい。つまりタイトで骨太、人が死ぬストーリーだということだ。人がたくさん死ぬ物語はだいたい名作なので大いに期待ができそうだ。

『天国の塔』をプレイしたことがある奴ならば解ると思うが、開発のAskiisoftは完全に気持ちいいゲームの作り方を理解しているデベロッパーだ。ユニークなゲームデザインに優れたプレイフィール……今作もそういう優れたゲーム体験を提供してくれる作品になるのだろうか。

真の男であるならマストの一作だ。

Windows/Mac向けに年内リリース予定。

Steamストアページ Twitter


『UnDungeon』

ドイツの開発者集団、Laughing Machinesによるローグライク風味のアクションRPG。

舞台は「シフト」によってひとつになった7つの平行世界……こいつは多元宇宙のハナシだ。つまりSF、SFとは真の男だ。それに加え、前述した通りに、ローグライクというのは「おまえはたくさん死ぬ」という意味であるので、より真の男向けのゲームだということだ。

この作品の特徴はなんといってもユニークな7人の操作キャラクターたちだ。「ヘラルド」と呼ばれる存在である彼らには、それぞれに固有の能力や装備が存在し、身につけるアーティファクトでグラフィックも変わるという。そしてそれぞれに異なるバックボーンやストーリーがあり、攻略のアプローチも違う。その7人のキャラクターで死んだり殺したりしながら世界の謎だとかを段々と解明させていくようなストーリーになるらしい。

開発チームは「ゲームはアートであり、進化していくべきだ」と考えていて、様々な作品・ジャンルから影響を受けたピクセルアートや、ウクライナのミュージシャン、stonefromtheskyによるサウンドトラックを含めた徹底されたサウンドデザインをこの作品の特色としている。自分たちが最高だと思うゲームを作って、それをユーザーに遊ばせたい!というのがバシバシと伝わってくるのだ。本当に信用できる、真の男のスタジオである。

Windows/Mac/Linuxの他、コンシューマでのリリースも考えているらしい。資金提供のパートナーも見つかり、開発は順調なようだ。

2018年12月~2019年リリース予定。激チェック。

Kickstarter Tunblr(公式サイト) Twitter


『Wizard of Legend』

人類の歴史が始まってから数百万年……「いくつかの魔法を組み合わせて君だけのブチ殺しスタイルを組み上げよう!」というゲームを作る試みはたびたび行われてきた。『Magicka』……『Magicmaker』……お前がよく訓練された洋ゲーマーであるならば何かしらのタイトルをプレイしたことがあるかもしれない。

2018年、このジャンルに最もクールで革新的なタイトルが仲間入りする。

『Wizard of Legend』はロサンゼルスの二人組の開発者チーム、contingent99による、超絶スタイリッシュ・ハイスピード・ダンジョンクロウルアクションだ。

ハイスピード……ゲームのペースが早いということは、短い時間でより多くの敵をブチ殺せるということだ。つまりDOOMだし、マイアミだ。人を傷つけるのは好きか?

このゲームの戦闘は、属性や効果の違う、それぞれがユニークな特性を持つ魔法を自分の戦闘スタイルにあわせて各キーに割り当て、スタイリッシュな魔法コンボを繋げていく、というもので、前述の『Magicka』のような新しい魔法を作り出す!というようなモノではないのだが、その用意されている魔法の数がスゴく多いらしく(100以上)、より自分の趣味に特化した戦闘スタイルを実現できるワケで、要するにワクワクが止まらないということである。おまえはワクワクしているか?

ローカルでのCo-opプレイにも重きが置かれているようで、そこにスポットを当てたトレーラーもアップされている。Switshを持ち寄り、気の合う友人と戦闘スタイルの見せあいっこ……虐殺……本当に楽しそうだ。対人モードも用意されるみたいだ。覇権タイトルの匂いしかしない。全世界のSwitchユーザーが遊ぶべきゲームだろう。

PC各種OSのほかPS4やXboxOne、Switch向けに2018年春リリース予定。マスト。

一年以上前のものだが、PC向けのちょっとしたデモも配信されている。気になるならばプレイしてみるといいだろう。ゲームパッド推奨だ。完成度の高さが感じられるものとなっている。

Steamページ Twitter Kickstarter

『APE OUT』

個人開発者のGabe Cuzzillo氏による、トップダウン・暴力ゴリラアクション だ。トップダウンは真の男の為の視点だ。マイアミであり、Heat Signatureだ。つまり超絶にクールという意味だ。お前はトップダウンか?

このゲームの特色としてまずいちばんに挙げたいのはそのユニークなサウンドだ。カッチョ良いノリノリのジャズに乗って人間を殴り殺していくのだが、その度に鳴るシンバルの音が本当に気持ち良いのだ。サウンドがプレイ体験を引き上げている良い例だ。人間が惨たらしく音楽に合わせて死ぬ、つまり最上級のエンタメであり、ベイビー・ドライバーだ。お前はエンタメか?

後述のデモをプレイしてもらえばわかるのだが、こいつはアクションの手触りも良好で、操作のレスポンスの悪さなんかは全く感じらず、触っていて楽しいと思えるタイプのゲームになっている。行えるアクションは殴る・掴む・投げる、という原始的なモノだけだが、それらの気持ちよさが極限まで高められており、シンプルな暴力、原始的なエンターティメント、そういうものを心ゆくまで味わうことができる、本当に素晴らしい作品に仕上がってきそうだ。

現在steamのストアページでプレイアブルトレーラーが配信中だ。プレイアブル……?なんだそれは……?と思うかもしれないが、プレイすれば一瞬で理解できるだろう。少しでもピンと来たならダウンロードしてみるといい。一分ほどのプレイだが凄まじい密度の暴力が楽しめる。

PC向けに2017年夏にリリースされる予定であったが…… 

年内の発売を期待したい。

Steamストアページ


『The Hex』

2016年にリリースされた奇作『Pony Island』の開発者、Daniel Mullins氏による新作。

ビデオゲーム時空の片隅にある古びた酒場、「シックス・パイント・イン」。そこに迷い込んだ6人のゲームキャラクター

"スペースマリーン"(シューティング)、"ソーサレス"(ファンタジーRPG)、"プラットフォーマー"(2Dアクション)、"ファイター"(2D対戦格闘)、"アポカリプス・サバイバー"(ポストアポカリプスRPG)、"ファースト・パーソン・パースペクティブ"(一人称視点)……

誰かひとりが殺人を計画している。それは誰なのか、誰を殺そうとしているのか、なぜ殺すのか…… 彼らを操り、それぞれの過去やバックボーンを紐解きながら謎を明らかにしていく、という作品だ。それ以外の情報は今のところ殆ど公開されていない。

開発者の前作、『Pony Island』は第四の壁――いわゆるメタ演出を利用した数々の演出でプレイヤーを驚かせた、唯一無二のタイトルだったが、今作もそのような、一筋縄ではいかないユニークなゲームになるのだろうか。僕がいま一番期待しているタイトルのひとつだ。

開発のDaniel Mullins氏は、参考にしている作品のひとつとして、タランティーノの『ヘイトフル・エイト』の名前を挙げており、その手の作品が好きなゲーマーに強くオススメできそうだ。

Windown/Mac/Linux向けに、2018年の2月、もしくは3月までにリリース予定とのことだ。

Steamストアページ


『Blasphemous』

スペインのデベロッパー、The Game Kitchenによるダークファンタジー2Dアクションだ。タイトルは「冒涜」の意。

宗教的なストーリー、スタジオの地元、スペインの文化にインスパイアを受けた荘厳で邪悪な美術、そして繊細なピクセルアートで描かれた悪趣味グロテスク暗黒クリーチャーたち……

プレイヤーは「悔やむもの」として、剣一本でそんな暗黒存在たちに立ち向かっていく。

戦闘は早いペースのものになるらしく、ソウルライクと呼ばれるスタミナや回復アイテムの管理が重要なゲーム群と違い、どっちかというとズバズバ切っていける感じの戦闘になりそうだ。

グラフィックは素晴らしいが、肝心なゲームプレイは凡作、もしくはそれ以下、という作品は少なくないが、本作はどうなるだろうか。気持ちよく血と暴力の暗黒世界を楽しめるようなゲームに仕上がってくることを祈るばかりだ。

とにかく続報に期待。大注目の一作だ。

Windows/Mac/Linux/PS4/X1/switsh向けに開発中。

リリースは2018末~2019年を予定。

Kickstarter Twitter


『My Friend Pedro』

バレットタイム!二丁拳銃!アクロバット射撃!物理!!

スタジオDeadToast Entertainmentによる馬鹿馬鹿しいほどのカッコよさとロマンが詰まった超絶バイオレンス・アクションが登場だ。パブリッシャーはDevolver。いかにもDevolver出という感じのノリの作品である。

公式Twitterや開発ノートでアップされているGIF以上の情報は不明。スケボーやワイヤーを利用した超絶クールな殺しムーブが見られる。

リリース時期はComing Soonとされている。絶対マスト。購入バイだ。チェック。

開発ノート Twitter Steamストアページ


『DUSK』

ローポリ、ヘヴィメタルのサウンドトラック、スーパーショットガン、カルティスト、悪魔、ストレイフジャンプ……つまりそういうことだ。『DUSK』は90年代カルトFPSを現代に蘇らせる、最高にクールでカルトでダークなゲームだ。

インスパイア元として挙げられているタイトルは『Quake』『 Blood』『Heretic』『Hexen』『Half-Life』『Redneck Rampage』…… いかにも、いうラインナップである。暗黒だしカルトだ。

いま予約購入するとエピソード2までが先行プレイできる。早期アクセスのようなものだろうか。ぼくも後でプレイしてみる予定だ。

何はともあれ、この手のカルト作品が好きだったゲーマー、もしくは興味があるゲーマーはマストバイ、という作品になることは確実だろう。

2018年1月11日にアーリーアクセスで販売開始。

Steamストアページ Twitter

『VirtuaVerse』

フィンランドの音楽レーベル、Blood Musicがパブリッシングを担当する、ポイント&クリックのサイバーパンクADV。開発は東京にあるスタジオ、Theta Divisionが担当する。

紫のネオン、日本語カンバン、ドラッグ…… シンセウェイヴの音源を多くリリースしているBlood Musicの雰囲気を色濃く反映したゲームになりそうだ。

ストーリーとサウンドトラックはチップチューンの名手、Master Boot Recordが担当する。ヘヴィメタルやクラシック音楽のエッセンスを取り入れたスタイルはこのゲームの世界観にピッタリだ。彼の書くストーリーがどんなものになるのかも気になるところである。

Blood Musicは『Hotline Miami』にも楽曲提供したアーティスト、Perturbatorの音源もリリースしている。あの手の音楽が好きならそちらもチェックしてみるといいだろう。PC向けに2019年リリース予定。

Twitter 公式サイト


いかがだっただろうか。なにか気になるタイトルが1つでもあったのならば嬉しい。

今回はぼく好みの10本に絞って紹介したが、紹介しきれなかったゲームはもちろんたくさんあるし、まだ見ぬゲームが突然出て来る可能性だってある。

ぼくはいつだって次に出会うゲームが自分にとって最高のゲームであることを願ってるし、2018年が史上最高のビデオゲーム・イヤーになればと願っている。

この年末年始はこの記事で紹介されていない、お前好みのゲームだとかの情報収集にあててみるのも楽しいかもしれない。

さらばだ。


追加タイトル(2018/01/07更新)

Untitled Goose Game

かわゆいガチョウを操作してイタズラするゲーム。動きがメチャクチャリアルだしメチャクチャキュートだ。超絶に期待。


HPSword

韓国の、3人の開発チームによってつくられている超絶にセンスのいい超スタイリッシュな超カッコいいアクション。詳細は不明。しかし完全に「わかってる」ゲームなのでメチャクチャ期待できる。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ラヴ……
38

まきちゃん

良い記事メモ

良い記事メモ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。