見出し画像

過ごしやすい未来の構築

最近、プロセスのデザインをしたり、去年ぐらいからぽつぽつと話していた企画を進めたりしています。

個人的にはもう少し技術よりのことがしたいとは思いつつも、今やっていることはいつかできたらいいなと思っていたことのひとつでもあるので、しばらくはディレクターっぽいこともやりつつ、生きていこうと思います。

ここ数ヶ月で色んな変化があって、働き方をその時にしていることに合った形に調整していけたらって気持ちにもなりました。私がデスクワークをちゃんとはじめたのは二十代の後半からなのですが、その時も大きな調整をしたのですよね。毎日社会も自分も変わるので、ずっと同じままでいることは難しいなと思います。

過ごしやすい未来を作っていきたいものです。

引きこもりのように過ごす、深い思考が必要な日。大勢の人に会ってお話をする日。そんな両極端な日常を過ごしがちなこともあって、思考や気持ちのスイッチが難しい時もあります。(これはクリエイターの宿命でしょうか?間が欲しい……)

ここのところは、久しぶりにお会いできた人々の良い意味での変わらなさに、密かに癒されたりもしています。私もそんな風に思ってもらえていたらいいな。


* takk! やビスケットで活動しています



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

mako | Designer , Planner

セルフケアアプリの設計を生業としています | 感情や行動に関わるデザイン | メンタルヘルスと人工知能のこれから

"ひとりめデザイナー" の日常

未経験から、スタートアップ一人目のデザイナーになりました。そんな日々の中での気付きや、メモのまとめ。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。