『カウンセリングペーパー』をデザインしました

対面での継続的なカウンセリングを利用している人向けに、ペーパーを作りました。

このペーパーは、カウンセラーに見せるためのものではなく、落ち着いている時に記入して、気持ちや思考を纏めるお手伝いをするといったものです。

また、カウンセリング時の自分に対して、それらの内容を届けることで、カウンセリングをスムーズに進められるようにとデザインしました。


カウンセリングペーパーのデザインに込めた想い

解決したい課題
(カウンセリングを受ける人が)場合によって、思い出すことや情報を纏めることが負担になったりすると思うので、その負担を減らしたい。

その他
個人的に「カウンセリングを受ける」という形があまり良くないと感じるため、「カウンセリングを積極的に利用する」ためのデザインを増やしたいと思っていました。


カウンセリングペーパーの使い方(例)

右上に日付を書くところがあるので、そこにカウンセリングを受ける日付を記入します。一番右には、担当のカウンセラーさんの名前を記入します。


カウンセリングペーパーのダウンロード

Dropboxよりダウンロードできます。持ち運びやすいようにA5サイズにしています。印刷時には、サイズの設定をご確認ください。


おわりに

最近、対面カウンセリングのUXに興味があり、それを高めるデザインってどんな物事なのだろうと考えていました。そして、行き着いた先のひとつがこのカウンセリングペーパーでした。

何かお気付きの点などありましたら、以下よりご連絡ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

気分転換にストレッチがいいらしい
13

セルフケアツールを作りながら

セルフケアツールをデザインしながら考えていることを纏めています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。