自分だけの成長よりも周りの人の成長をサポートしたい

僕は2018年11月19日に40歳になりました。これまで年齢のことなど特に意識したことなかったけど、40歳になった時だけは違いました。

「人生80年だとしたらちょうど半分か。自分の人生もあと半分しかないのか」

ふとそんなことを考えると急に「残り時間」というものを意識しはじめ、自然と残りの人生で何をするのか毎日考えるようになりました。

考えて続けていると、自分の中から自然と一つの方向性が生まれてきました。「周りの人、特に若い人たちの役に立ったりサポートするようなことに時間を使いたい」と。

そして誕生日にフェイスブックにその時の気持ちを記しました。

最近は、周りに素敵な若手が多く、色んなことをアドバイスさせていただきながらも、こちらも刺激と学びをもらってます😊自分のことだけ考えるのではなく周りの人、特に20代30代の方の成長をサポートできるような献身的な40代を送りたいと思います😊✨

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=10218272960838172&id=1315372956

自己成長から他者をサポートすることへ

僕はこれまで自分の成長を最優先にした人生を過ごしてきた自己中心的な人間だと思います。でも40歳の誕生日の時に、これからは他者をサポートしたり支えになれることに時間や能力を使いたいと自然に思うようになりました。

自分でも正直驚いています。なんでこんな風に思えるようになったのか。ゆっくり紐解いてみるといくつかの事象が絡み合い、互いに影響しあい自分の中で一つの方向性を見出したんだと気づきました。

「タイミング」と「言葉」と「縁」

一つ目は、40歳という年齢。このことは、自分の中で「残り時間」というものを強烈に意識させました。

二つ目は、西野亮廣エンタメ研究所(オンラインサロン)に入り、ほぼ毎日西野さんの言葉に触れたこと。その都度考える癖がついたこと。西野さんの文章は面白く(エンタメ)、刺激的(ビジネス思考)で、優しく、愛に溢れ、人間臭い(時に怒りモードw)、それはそれは影響力のある文章なんです。

三つ目は、たくさんの素敵な人たちのご縁があったこと。エンタメ研究所内のMAP部で共に頑張ってプロジェクトを進めた仲間、悩みながらもがいている同世代、どこか弱さをはらんでいてそこがまた素敵な人、太陽のようにいつも笑顔な明るいあのコ、将来有望な大学生たち、他にもたくさんの素敵な人たちと出会いました。

これら3つが同じタイミングで起こり、僕は自然と思うようになりました。自分の成長よりも周りの人達の成長をサポートしたり支えられるように生きたいと思うようになりました。

そんな気づきを頂いたことにとても感謝しています。


Twitterを毎日更新しています。日々の感じたことや、僕の経験を役立つ形でツイートしています。フォローしてね。

https://twitter.com/makoandbook


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたのサポートがたった今、一人の人生に勇気を与えました。 頂いた勇気とお金をもとに僕は冒険を続けます。 ありがとうございます! そして冒険の書をこれからも書き続けます!

励みになります!謙虚に頑張ります!押忍!
25

マコ / 竹内 真

ITベンチャー経営者 →2018年社会起業家へ転身 / 医ケア児家族を支援する 「アンリーシュ」https://unleash.or.jp 共同創業者/社会で生き辛さを感じている人の味方🔰 / Twitter : https://twitter.com/makoandbook
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。