3月10日(土)「我的星球」稽古18日目

 朝からの稽古のときはストレッチから、丹念に。5元を使ったコイン落としゲーム、IngingとRainbowが残る、不思議な決勝戦。引き分けでした。

 薫子さんとハンクさんに楽器を演奏してもらってラップもしました。ペア稽古をして昼食。

 天気がいいのでパンを買って劇場横の公園で食事、昼寝。気持ちが良いです。太陽は眩しく、気温は涼しく。

 お昼休み後はジャンプで目覚まし。その後、ランダムで走って握手するアップをいつもやっているのですが、Ting-Huiの握力が稽古スタートの頃と比べてすごくしっかりしてくれてるのが嬉しいのです。

 ボートの流れを作って、ペアの流れを暫定で決めて、みんなに自主練を任せて、講座へ。今日は劇場の会場で。結構あっというまに2時間ぐらい経ってしまいました。

 戻ると、みんな休憩中。ペアからSpicaの帰還まで2回、動いてやってみたそう。となれば、頭から通せるということになります。じゃあ、明日やってみましょう、ということで、みんなに体の動きを把握してもらうために物を欲しがる演技ゲーム(そんなのがあるのかわかりませんがつくりました)をやって終了。

 その後、台南藝術節の一環で今夜公演のララランド野外コンサート上映に行ってみることに。ハンクも行ってくれるとのこと。会場はいつも行っているプール横の野球場ではなく、その奥のサッカーグラウンド。あまり野外コンサートとか行かないのですが、おそらく野外コンサートとかフェスの大きめのステージとかこんなではというあつらえ。ビビりました。

 オーケストラの演奏に合わせて(逆?)ララランド本編をまるごと一本。ララランドは鑑賞済みなので中文字幕でもなんとか把握。休憩後はセリフが聞こえないほど、オーケストラの音量が上がって(ミックス調整?)なかなかの気持ちよさ、でも映画に集中すると生のことをわすれたり、不思議な体験。しかし、夜風は寒かった!偶然にもゴアテックス、着てきてよかったです。

 無事に最後まで鑑賞して帰宅。予想よりも暖かいシャワーを浴びて。就寝。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

mamagoto

柴幸男が台南で高校生と演劇をつくる日記

日本の劇団"mamagoto"の主宰で劇作家・演出家の柴幸男が台南に滞在して高校生と創作する舞台『我的星球』の創作記録。公演は2018年3月31日〜4月1日。台南滞在は2月1日から。 http://tnaf.tnc.gov.tw/2018/program.php?id=10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。