3月27日(火)「我的星球」稽古31日目

 朝、毎日、毎日、気持ちの良い快晴。朝ごはんはサンドイッチ屋さんで買ったパンと麺をレジデンスにて。息子はいちご牛乳がお気に入りになってしまいました。

 その後、妻の母が泊まっているホテルでプールで遊びました。息子は果敢に飛び込み、潜りまくります。焦りながらも一緒に遊びます。水中でも笑顔でもがく息子。いつかおもいっきり溺れる未来しか見えません。不安です。

 三越のフードコートで昼食後、息子は昼寝。少し仕事をして、息子を起こし、劇場へ。劇場にある池で鳩に餌をあげたり、近くのデパートを眺めたり。僕は劇場へ行って、舞台や美術の確認。いい感じで出来上がりつつあります。

 17時から劇場地下にて稽古。息子も同伴させてもらいました。weiweiとTing-huiが元気がなく心配。でも、稽古をしていくうちにweiweiは復活。Ting-huiを最終的にはなんとか笑顔に。

 稽古場で後半だけを通しました。あんまり出来は良くはなく。みんなにも悪くないけど、良くもなくて、残り少ない演技を大事にしましょうと確認。変更点を一気に確認して舞台へ。

 舞台、良い感じです。広すぎず、狭すぎず、みんなが大きく見えます。ゆっくりとダンスをして、ラップ。スパースター設定で、みんなビートを聞き取れないほど、盛り上がる。急に元気になるひとたち。それから文化祭もゆっくりと稽古。ダンス位置の確認をして録音も演じてみます。廊下まで広々と使うことを確認。最後に、難関のSpicaの帰還からのシーンを稽古。やっぱりうまくいかないので、何かもっと深いコンセンサスが必要なんだろうなと考えつつ終了!自転車で帰宅し、就寝。辛苦了!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

mamagoto

柴幸男が台南で高校生と演劇をつくる日記

日本の劇団"mamagoto"の主宰で劇作家・演出家の柴幸男が台南に滞在して高校生と創作する舞台『我的星球』の創作記録。公演は2018年3月31日〜4月1日。台南滞在は2月1日から。 http://tnaf.tnc.gov.tw/2018/program.php?id=10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。