見出し画像

2月4日(日) 『我的星球』稽古二日目

 朝から劇場へ。今日からしばらく上演もする台南文化中心の原生劇場での稽古。ありがたいです。

 朝だけどみんな遅刻せずに集合。軽くアップをしてフォークダンス。昨日、Youtubeから解読してもらった踊りに、薫子さんから伝授する柴幸男の稽古場伝統の振付を足してもらいました。みんなでわいわい相談して作ってる様子はいい感じ。

 やはり言葉が通じないもどかしさと高校生との作業と再演とのことで、どうしても焦るというか知らず知らずのうちに力が入ってしまっている気がします。いかんいかんと休憩時間に自己クールダウン。

 ラップのためのリズム遊び、表拍と裏拍の遊びなどをして午前は終了。全員の名前を即興でラップにしていくゲームは僕も楽しんでできて稽古の感じを掴めた気がしました。

 お昼はお弁当。全員で控室で食べる。台湾のお弁当は温かいです。

 午後はまずラッパーの映像紹介。JP THE WAVYとSALU、環ROY、鎮座DOPENESSを紹介しました。あとは宿題でみんなに自己紹介のラップを作ってもらいます。

 その後は学校の自分を一人芝居にして全員に演じてもらいました。台湾の学校事情が知れてとても興味深いです。チームを組んで再創作。みんな元気な演技をするなぁ。サービス精神が旺盛な気がします。そして、再び一人芝居。今度は家の自分。家族も登場します。家でもみんな元気。日本代表の薫子さんの演技を引き合いに何もしないことも大事だという話を最後にしました。

 稽古が終わって劇場のシャワーを借りられることに。久々に熱いシャワーを体感。嬉しい。宿に戻って、ひとりで散策。お店で食べるほどお腹が空いていなかったので買い物をして部屋で食べました。台南には寒波が来ていて最高気温が18℃くらいで最低気温は9℃くらい。東京と比べれば温かいですが暖房がないので寒いのです。ホームセンターでハロゲンを買うか真剣に悩み中です。来週はあったかいみたいなんだけども…。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

mamagoto

柴幸男が台南で高校生と演劇をつくる日記

日本の劇団"mamagoto"の主宰で劇作家・演出家の柴幸男が台南に滞在して高校生と創作する舞台『我的星球』の創作記録。公演は2018年3月31日〜4月1日。台南滞在は2月1日から。 http://tnaf.tnc.gov.tw/2018/program.php?id=10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。