3月26日(月)「我的星球」稽古30日目

 朝、気持ちの良い快晴。家族のものを洗濯。今日は仕込み。ですが、僕は15時ごろに劇場に行く予定。家族で朝食。牛肉スープを食べにいきました。

 息子が昼寝をしたタイミングで劇場へ。照明作業中。舞台も少しずつ運び込まれているようでした。

 劇場近くのスタバでひとり仕事。このあいだまでは毎日がこの時間だったのが突然、日常の極一部になりました。この感覚がとても不思議で苦しくも幸福でもあります。4月の新作の台本を書かなければいけません。考えています。少しずつ。

 久しぶりにmilk shopで多々緑茶を購入し、17時になり稽古開始。ストレッチからアップ。椅子や小道具を劇場から運んで、稽古開始。

 前回の通しでやったことを確認しながら前半を通しました。みんなリラックスした感じで好看でした。

 その後、ペアの稽古を、音楽確認をかねて。薫子さんとハンクのコンビもかなりいい感じ。みんなの演劇も良くなっていると感じます。今週はテストもあって大変だけど、みんな、なんとか喰らいついてきてくれている感じ。

 最後に文化祭発表の確認をして終了。舞台には廊下と教室ができていました。無事に帰宅。美術の青木くんは明日早朝に劇場へ、その後、すぐに帰国。薫子さんと妻と四人で大道具の工房でもらったというパイナップルを食べました。甘くて美味しかったです。就寝。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

mamagoto

柴幸男が台南で高校生と演劇をつくる日記

日本の劇団"mamagoto"の主宰で劇作家・演出家の柴幸男が台南に滞在して高校生と創作する舞台『我的星球』の創作記録。公演は2018年3月31日〜4月1日。台南滞在は2月1日から。 http://tnaf.tnc.gov.tw/2018/program.php?id=10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。