3月28日(水)「我的星球」稽古32日目

 朝、今日も今日とて気持ちの良い快晴。親子で自転車に乗って台南大学の前にあるカフェまで。朝食。ホットサンドとハンバーガー、美味しく。息子も僕の膝の上でポテトを食べておりました。

 公園に寄って帰宅。息子、水遊びが大好きで黙々と遊びます。大きなバケツに水を汲んだら浸かって遊び出す。僕は近くで仕事。妻は隣で読書。息子は水遊び。昼食は近くの意麺屋さん。僕だけが自転車で行って持ち帰り。

 息子、昼寝。水に長く浸かっていたからか爆睡。眠る息子と妻を残してブックカフェへ。ドイツのイラストレータの個展も併設されていました。

 「わたしの星」出演者のヒビラナさんも無事に台南へと向かっているそう。明日、見学に来てくれます。安藤さん(こんな書き方では誰かわからないと思いますが)も無事に高雄に着いたよう。

 一時帰宅し、遊びに出かける息子と妻と別れて、劇場へ。自転車で。

 劇場は客席も仮置きされていました。照明も吊り込みが終わっているよう。マイクチェックを30分。舞台監督のシャンティさんによる裏周りの解説後、稽古開始。アップして、ダンスして、ラップして、文化祭の発表の練習。

 休憩後、頭からペアシーンまでを軽く通してみました。みんなも徐々に気持ちよく演技が出来ている感じ。好了。

 モノローグの位置確認をした後、ラストシーンを舞台を使って稽古。どうも最初に通しをやったときよりテンポが悪くなっている気がします。

 しかし、思ったより早く舞台と馴染んでよかったです。劇場で稽古させてもらっていたのがよかったのだと思います。薫子さんとハンクの劇伴コンビも良い感じ!明日は13時から場当たりの予定。

 自転車で帰宅。妻が安藤さんたちと食事をするために外出。久しぶりに息子と二人の夜でした。就寝。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

mamagoto

柴幸男が台南で高校生と演劇をつくる日記

日本の劇団"mamagoto"の主宰で劇作家・演出家の柴幸男が台南に滞在して高校生と創作する舞台『我的星球』の創作記録。公演は2018年3月31日〜4月1日。台南滞在は2月1日から。 http://tnaf.tnc.gov.tw/2018/program.php?id=10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。