2月3日(土) 『我的星球』稽古初日

 朝。寒い。昨日は暖かったのに。シャワーがまったく温かくなくて困っています。以前にも書いた紙芝居の鈴木さんに会ったので解決法を聞いたら、通っている大学の前にある温水プールの会員になっているとのこと。そんな手があったとは…。そんな手しかないとは…。台南には銭湯はありません。

 お昼。はじめての稽古です。稽古場は一次オーディションでも借りた地元の劇団の稽古場。高校生キャストとスタッフが集まりました。期待していたMonicaが大学受験のため出演辞退。ショック。しかし、しょうがない。この公演は台湾の大学受験の時期とぴったり重なってしまっています。初日の朝には台北芸大にテストに行く役者もいます。感謝。がんばらなければ。

 今日は主に名前をおぼえるためのワークに集中しました。とにかく遊ぶ。名前をおぼえる。それからフォークダンスも踊りました。やはりここから。意外(?)にもDavidが先導してみんなに教えてくれました。

 今日は早めに終了。あまりに早く終わったのでみんなちょっと驚いていました。夜はあんまり働きたくないのです。そのことは明日、みんなに言うことにします。有志で残ってちょっと雑談。高校生スタッフが台湾バージョンの稽古日記をつけてくれてて感動しました。

 夜は鍋で晩御飯。明日は朝からラップのWSをやる予定。あとは少しずつ作品をつくってもらおうと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

mamagoto

柴幸男が台南で高校生と演劇をつくる日記

日本の劇団"mamagoto"の主宰で劇作家・演出家の柴幸男が台南に滞在して高校生と創作する舞台『我的星球』の創作記録。公演は2018年3月31日〜4月1日。台南滞在は2月1日から。 http://tnaf.tnc.gov.tw/2018/program.php?id=10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。