2月8日(木) 『我的星球』稽古5日目

 小雨。セブンイレブンでスープをいつものサンドウィッチ屋さんでバーガーを買いました。お店の人が話しかけてくれたけど、上手く聞き取れず。日本から来ましたと言ったら何かを納得しれくれた感じ。

 10時から稽古。今日はIngingとJeyとEggが遅れて参加。薫子さんの主導でストレッチ。久しぶりに体をじっくり伸ばした感じがしてとても気持ち良い。体幹トレーニングもそのままやりました。風船バレーなどのアップをして、ラップへ。小節におさまらないメンバーが多数なので、上手くできているメンバーが1対1でコーチ。

 そうだ。ラップの前にリズムに合わせてカウントアップしていくゲームをやりました。これ日本語だったら全然余裕なのですが、とっさに中国語で99までの数を言わないといけないので非常に頭を使って楽しい。そして中国語の数の勉強になった良かったです。

 ダンス。今までのフリを復習しつつ、新しいフリも憶えてもらいます。薫子さん主導。色々と手こずっているとRainbowがダウンしてしまう。どうやら混乱し、疲れてしまったらしく。みんな心配しつつ、一通り確認して終了。Rainbowは稽古場の隅にうずくまってしまう。そばには蔡さん、演出助手のlilianaとrolaがついててくれました。外にはでずに稽古場にはいてくれていることから、とりあえずそっとしておこうと僕は思いました。みんなにも疲れてしまうことはよくあることで、話しかけて欲しい人、そっとしておいて欲しい人、色々います。今はみんなの判断に任せますが、まずはみんなも昼食をとって休むよう告げる。また今回の件と演劇について午後にミーティングすることを伝えました。

 お昼は近くの麺屋さんへ。涼麺の有名店らしく。涼麺と言いつつ通訳のりゃんりゃんさん曰く、冷たくなく常温とのこと。少し寒かったので暖かいスープに入ったワンタンメンを食べました。美味!特にワンタンが美味しい!涼麺も食べたくなりました。

 劇場に戻ると。Rainbowは落ち着いていました。またいつも飲む薬を飲んでいなかったそう。午後も稽古に参加したいと言ってくれました。無理をしないように伝えました。全員に演劇は頭と体と心を使うことの話をしました。作品をつくることの責任や関わりの話も。でも、今の僕の考えは健康を損なってまで演劇をやる必要はないということ。だから決して無理はしないし、無理強いはしないこと。でも、このことは演劇を続けていく上でずっとつきまとう問題だということ。みんなにもわかってもらえたよう。そして午後の稽古がスタート。

 相手の元へ行って手をつなぐアップを丁寧にやりました。Rainbowも徐々に楽しんでできるように。アップが終わったら、台本。2014年の『我的星球』の前半を全員で読む。新田さんが翻訳してくれたものです。非常感謝。その後、チームに別れて稽古。台本を持って立ってやってもらいました。すぐに生き生きと演技が出来る人、台本を持つと非自由になる人、個性が見えます。Eggの動きがすごく良い。そして、Rainbowの演技がとても細やかだと思いました。日本語でメンバーとして共演していた薫子さんもRainbowの受けの演技が良かったと言っていました。(台本には日台両方が記載されているので、がんばれば日本語と台湾華語で同時に演技できるのです)あっという間に稽古終了。もっとやりたかったです。

 稽古後、宿に戻る。雨が強くなりました。すこし収まったところで僕はプールへ。薫子さんとリャンリャンさんはマッサージへ。二回目になるとだいぶプールの仕組みにも慣れました。あと泳ぎににも慣れました。前回よりもゆっくりながら長く泳ぎました。もちろんSPAも、シャワーも浴びて、シャンプーもして、満足。近くのモスバーガーで夕食と作業。ライスバーガーのお米がちょっと違って美味しい。ポテトは、さつまいものような甘いポテトを間違って買ってしまいました。悔しい。小雨の中、帰宅。心地よい疲労感のもと就寝。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

mamagoto

柴幸男が台南で高校生と演劇をつくる日記

日本の劇団"mamagoto"の主宰で劇作家・演出家の柴幸男が台南に滞在して高校生と創作する舞台『我的星球』の創作記録。公演は2018年3月31日〜4月1日。台南滞在は2月1日から。 http://tnaf.tnc.gov.tw/2018/program.php?id=10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。