映画に関する話

4
ノート

奥田民生になりたい「個人」と出会う男すべて狂わせる「分人」

先日、Amazonプライム・ビデオに追加された『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』という映画がある。

同名のサブカルマンガを『バクマン。』『モテキ』の大根監督が実写映画化。奥田民生を崇拝する雑誌編集者の青年・コーロキ(妻夫木聡)と、全ての男を好きにさせるほど容姿端麗な美女・あかり(水原希子)が繰り広げるラブコメディ。

あかりに好かれるため、憧れの奥田民生のように「力まない

もっとみる
大当たり!
7

夢中を続けられた3つの理由|映画【泣き虫しょったんの奇跡】

「努力は夢中には勝てない」

最近、あらゆる業界でこれまでの常識をひっくり返したという話を聞く。

Uber、Airbnb、メルカリ、Netflixなどの企業から、箕輪厚介、落合陽一などの個人まで。

これまでの常識をひっくり返した者たちは、どこか傍若無人で人間離れしている。彼らのように振る舞わなくては、自分の好きなことに夢中になれないのだろうか。

しょったんも将棋に夢中になった。腹の底から将棋

もっとみる
大当たり!
4

頑張れる幸運を見落としている|映画【予告犯】

「何か夢はある?」 と聞かれてすぐに思い浮かぶことはなんだろう。

何か一発デカイことをやりたい。
彼女がほしい。
回らない寿司屋で、腹一杯食べたい。
友達がほしい。
父ちゃんに会いたい。

夢に大きいも小さいもない。どんな夢でも、夢を持てること自体が素敵なこと。

さらに夢を叶えるために動けることは素晴らしいし、もっと言えば誰かの夢のために動けることは最高なことだろう。

しかし世界はそんなに甘

もっとみる
ありがとう!
10

映画で現実を忘れたい人は見ちゃだめ|映画【オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分】

苦境だらけの人生でも、一瞬、全てを忘れて休みたい。
映画を見る時だけは、現実から目を背けたい。そんな甘い考えを許してほしい。

しかし、それが叶わなかった映画がある。

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」

人生は苦境の連続だ。思い通りに事が運んでいくことなんて少ない。たった一度の選択の誤りが、人生を苦境に立たせることは往々にしてある。

彼の人生の、まさに苦境のスクランブルを淡々と眺めるだ

もっとみる
大当たり!
3