見出し画像

信頼獲得の極意を学んだテレビゲームの話

テレビゲームをあまりやってこなかった。
多少はやったけど、中学生になって、部活を始めて、交友関係が広がると、テレビゲームから自然と遠退いた。

こんなことを言うとゲーマーの人の反感を買うと思うが、テレビの中の作られたゲームをやるよりも、自分という人間を操作する現実世界の方がよっぽど面白い。

だけど、数少ないやり込んだゲームの中で、現実世界でも役立つ術を教えてくれたゲームがある。そのゲームは、大人になった今でも使える「信頼獲得の方法」を教えてくれた。

そのゲームとは「実況 パワフルプロ野球」である。

野球ゲームとして、多くの人たちに楽しまれているこのゲームのどこで教わったのか。

当時持っていたソフトは「パワプロ10」で、一人で遊ぶモードに自分でオリジナルのキャラクターを育てる「サクセス」というモードがあった。

野球選手の1〜3年目までを自分で練習メニューを選択したり、日常のイベントをこなしてキャラクターを育てる。

ただ普通に練習をしているだけでは強い選手は作れず、特定のチームメイトと「友情タッグ」を組むと、練習で貰える経験値が飛躍的に伸びて、強い選手を作りやすくなる。

この友情タッグを発動させる条件が、そのチームメイトの「信頼ポイントを上げる」ということなのである。

ゲームなので信頼ポイントを上げるのは単純で、その人がいる練習メニューを追いかけていくだけなのだが、友情タッグ発動のイベントに信頼を獲得するイロハがあった。


まず誰一人として、同じイベントは起きない。あるチームメイトとは、朝まで練習に付き合うことで友情が芽生え、またあるチームメイトは夜遊びに着いて行くことで友情が芽生える。

本音をぶつけたことが相手の信頼を得ることもあれば、相手に意見を合わせることで信頼を得ることもある。

絶対の正解はないが、共通していることは相手の好きを的確に捉えるということ。そしてその好きに自分も乗っかるということである。

またその好きを捉えるまでにすることは、相手と同じ練習メニューをひたすら追う、つまり会う頻度をあげるということだ。

そうすることで、時期に相手の好きが何か、どんな価値観を大切にしているのかがわかる。

現実世界でも「この人と友情タッグを組むにはどうしたら良いだろう?」という視点は、信頼獲得をする上で役に立っている。

そして最後に大事なこと。
パワプロでは3年目までしかサクセスはプレーできない。つまり練習が出来る期間は決まっていて、全員と友情タッグを組むことは出来ない。信頼ポイントを上げていたとしても、友情タッグを組めずに終了することもある。

現実世界も同じで、時間は有限で、命には限りがある。自分が誰と友情タッグを組めるかは有限なのである。むやみやたらに友情タッグを組むのではなく、自分というキャラクターを育てるために必要な人とタッグを組むようにしないといけない。

「自分と最も親しい5人が、自分を作る」などとも言うが、自分というキャラクターを育てる上では、誰とタッグを組むかということは重要になる。

ゲームも現実世界も、サクセスの鍵は友情タッグにあるのではないだろうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

いいヤツやで
4

真央

真央と書いて、まさおと読みます。会社員をしながら、たまにライターをしてます。教育、進学、映画、渋谷周辺、飲み屋、の話が多め。「日刊かきあつめ」という駆け出しのライターたちによる毎日更新の共同マガジンをやっております。

コメント2件

体温が上がるような文章をありがとうございます!
人のモチベーションというのを考えるときにどうしても躓いてる部分がこの友情タッグを如何にして組めるようにするかというところで、
パワプロの主人公がまさかそのヒントになるとはといった感じです。
感度が高い人はどんな事象からでも学べるというのも再確認しました!
ご丁寧にコメントありがとうございます!
あの頃は時間を費やして真剣にゲームやっていたので笑
その真剣さのおかげかもしれません😌
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。