見出し画像

【森の映画祭】見どころ満載だからどう過ごすか一人三役で会議した

いよいよ今週末に迫った「夜空と交差する森の映画祭」。参加したことがある方は分かると思うのですが、マジで事前に計画を立てないと120%満足して過ごせないんですよ。当日パンフもらってから考えていては間に合わない楽しさがあるんでね。

ということで、今回は自分のアタマの中でどのように過ごすか計画を会議しましたので発表したいと思います。

登場人物
真央A:森の映画祭初参加。普段あまり映画を見ない。『きみに読む物語』『インターステラー』が楽しみ。
真央B:森の映画祭2回目参加。月に1~2本は映画を見る。今年はショートフィルムを色々見たい
真央C:森の映画祭5回目参加。月に5~6本は映画を見る。映画祭の雰囲気が好き。

何を観ようか?

真央C(以下C):いよいよ明日が森の映画祭当日だね!
真央A(以下A):過去最多の59作品…ってそんなに映画見れんよね?みんなどうしてるの?
真央B(以下B):音楽フェスと同じ感じだよ。いくつかのステージがあって、見たい映画がやっているステージに行って観るっていう。

A:聞いたことある映画は『きみに読む物語』『インターステラー』くらいだなあ。これは観たいから、「まちはずれのたからじま」にずっと居たら良いんじゃないの?
C:もちろんそれでも良いだけど、せっかくなら色々な映画を観たいよね。
B:普段は映画見ない人でも、ふらっと観た短編映画が一番良かったりするのが映画祭の醍醐味なんだよ。
A:たしかに続けて映画を観るのしんどそうだし、動いたりして会場内を巡るのも良いかもね。

C:長編映画重視で行くのであれば、「まちはずれのたからじま」にずっといるか、『インターステラー』のあとに「まっくらのなか」に移動して『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』を観るか。もしくは『インタステラ―』を観ずに『ペンギン・ハイウェイ』を観るか。そしたら『きみに読むもの語り』ではなく、『顔たち、ところどころ』を観ても良い。
B:短編は迷うな~。映画祭代表サトウダイスケさん監督の『近すぎるのに遠い、だなんて。』は観たい。舞台挨拶あるし。事前交流会でお会いした監督さんの映画も全部みたいし。NYで最優秀コメディ映画賞を受賞した『万置き姉弟』も気になる。
C:今年は例年に比べて少年少女が主役の映画が多い気がする。明け方長編枠の『WE ARE LITTLE ZOMBIES』とか。『ブレイカーズ』に始まり『WE ARE LITTLE ZOMBIES』で終える流れも良さそう。
A:タイトルだけで言うと『ある東京都民の死』『VR職場』が気になるかなあ。

食べ物どうする??

B:今年は飲食店で「Soup Stock Tokyo」が来るね!
C:当日は寒くなりそうだから人気そうだね。
A:せっかく沼津に来たのだから、ご当地メニューとか食べたいな。近くの漁港で買って持ち込んでも良いの?
B:映画祭内への食べ物の持ち込みはダメなんだ。その代わりに、「まちはずれのたからじま」内の「まちの商店街」に複数のフード店が出店されるようだよ。例えば沼津を味わいたいのなら、地元沼津にお店を構える「ラルバディナポリ」が良いかも。地元でとれたバジルやシラスなどを使ったピザが食べられるみたいだよ。
C:野外フェスといえばカレーが食べたいよね。毎年いろんなカレーがあるから楽しみにしているんだけど、今年は会場の「INN THE PARK」が宿泊客向けに提供しているカレーを「ねえねえみてみて! supported by UPLINK」のストーリーに沿って用意してくれているみたい。食べよ~~。

B:あと飲み物も今年は種類が豊富だね。
A:“べにふうき”紅茶 ミルクティーと“やぶきた” ほうじ茶 ミルクティーが美味しそう。
B:ビール好きだから、数量限定のオリジナルビール「いつのまにか」も飲みたい。静岡県伊豆特産の「ニューサマーオレンジ」を使用したセッションIPAだって。

映画以外の楽しみ方は?

A:食べ物も沢山あるのはわかったけど、普段あまり映画見ないし、一晩中は正直飽きる気がするんだけど・・・。
C:大丈夫!映画祭中の過ごし方は自由だし、映画以外にも楽しいコンテンツが盛りだくさんなのよ!
B:メインステージでは長編映画の間に、さまざまなステージ企画があって。今年は映画祭のテーマでもある『いつのまにか』をモチーフにした朗読劇「いつ・のま・に・か」だったり、「いつのまにか」踊り出してしまうようなミュージカル映画について紹介企画があったり、映画メディアの編集者たちが2019年公開の話題作を振り返ったりするトークショーだったり盛りだくさん!
C:ほかにも会場のさまざまな箇所におみくじだったり、パズルだったり、企画が盛りだくさん。ワークショップができるところや雑貨店、本屋まであるよ。さらに今年は映画監督や映画メディアの人と交流が出来るスナックもあるみたい。映画好きな人はもちろん、映画がそんなに好きではない人も楽しめるよ!
A:疲れた人のためにリラクゼーションがあったり、朝にはヨガができるんだね~。しかもヨガにもつかえるサルエルパンツまで売ってる!
C:映画の合間にいろいろと体験して回りたい。映画を観ているだけじゃもったいないね!
B:映画の上映は18:30からだけど、14時から入れるみたいだから早めに来て、いろいろと楽しむのも良いね!

――――

いかかでしたか。

会議をしてみたところで結論は出ませんでした。それくらいマジで盛沢山なので、参加する人は事前にHPを隅々までチェックすることをおすすめします。

今のところ天気が心配ですが、しっかり備えて楽しみたいですね。ちなみに今年もFilmarksで体験レポートを書く予定なので、参加した感想はそちらをご覧ください!

それでは映画祭でお会いしましょ~!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わーい!
2

真央

真央と書いて、まさおと読みます。会社員をしながら、たまにライターをしてます。教育、進学、映画、渋谷周辺、飲み屋、の話が多め。「日刊かきあつめ」という駆け出しのライターたちによる毎日更新の共同マガジンをやっております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。