月9,000円×4ヶ月でハゲが治った!僕が試したローコストAGA治療法を完全公開!

世の多くの男性の中で一番多い悩みは一体なんでしょうか?

そうです。

「ハゲ・薄毛」です。

僕は今年で45歳になりますが、43歳のころから急激に髪の毛が薄くなり始め、44歳の時には「立派な」てっぺんハゲに悩んでいました。

僕のように40代男性ならまだしも、20代30代で「ハゲ・薄毛」に悩んでいる方も多いと思います。

そんな世間の「ハゲ男性」に朗報なのが「AGA治療」です。

ハゲに悩んでいる男性であれば「AGA治療」に関して一度は聞いた事や調べたことがあることでしょう。

僕が小学生当時「ハゲの特効薬」を発明した人は「ノーベル賞間違い無し」と言われていました。

しかし21世紀になった今「ハゲ・薄毛」は医療の力で完全に克服する事が可能になったのです。

「だったら世の中のハゲで悩んでいる男性は、全員AGA治療すれば良いのでは?」と思われるかも知れません。

しかし現在のAGA治療にはひとつ大きな問題があります。

それは「コスト」「費用」の問題です。

数年前まで「ハゲ・薄毛」を克服する手段の一つとして「増毛」「発毛」などの手段が主流でした。アデランスやアートネイチャーのような「大手企業」がこぞってCMを流していた増毛法は、僕の様な「3割ハゲ」(ハゲてない状態を10割とした場合)を治そうとしたらそれこそ数百万円は覚悟しなくてはいけないほど高価な手法であったことは間違いありません。

「ハゲを治したい」そう思う気持ちはあっても「ハゲを治す」「ハゲを隠す」のに数百万円の出費は出来ない、という現実的な問題に「ハゲからの生還」を断念せざるを得なかったというのが、世の多くの「ハゲ男性」の本音だと思います。

昨今一般的になりつつある「AGA治療」に関しても、「ハゲが治るまでにいったいいくら掛かるのか?」という不安が、多くのハゲに悩む男性にAGA治療を躊躇させている一番の要因だと思います。

僕もいち「ハゲに悩む男性」として、まったく上記のような感覚でした。

「AGA治療はやってみたいけど、専門のクリニックにいくといくら掛かるか分からないから恐くて行けない」

その結果、効果のほどが定かではない高額な「育毛剤」をせっせと頭に振り掛ける日々が精一杯でした。

しかし、僕もブログアフィリエイターの端くれです。

「自分のコンプレックスを記事にして世の人の役に立ちたい」

そう思い立ち、今回「超ローコストAGA治療」を実践してみました。

その結果、たった4ヶ月で発毛が認められ「ハゲからの脱出」「ハゲからの生還」という軌跡を体験したのです。

この有料noteでは、具体的に僕が使用した「内服薬」の名前と、その詳細について書いています。

今回僕が行った「ローコストAGA治療」に関しての概要は

①医師の処方による国内合法の1種類の「AGA治療薬」を一日一粒飲み続けるだけ

②育毛剤や育毛シャンプーなど「AGA治療薬」以外のハゲ治療を行わない

この二つを重視して行いました。

結果として僕の場合、AGA治療を開始して4ヶ月で発毛を実感出来ました。

一般的に僕が服薬したAGA治療薬を飲み続けた場合「6ヶ月」を目安に発毛を実感する人が多いとされています。その点では僕の体質やタイミングが良かったと言えます。

この有料noteを購入される方への注意点です。

①この有料noteはあくまでも「僕自身の体験」を明記しているものであって、読んで頂いた方全員の発毛、ハゲ完治を保証する物ではありません。

②有料ゾーンでも触れていますが「AGA治療」は国に認められた医薬品ではありますが、実際に薬を内服する治療です。副作用などの報告も存在します。AGA治療時に自らの体に異常や異変を感じた場合、速やかに医師の診断を受け、治療を中止することが必要です。この有料noteを読んで僕と同じ治療を試して副作用が発生しても、当方では一切責任を取れません。

③いかなる場合ももってもこの有料noteの無断転用、盗用、引用を禁止します。

【目次】

・僕が実際に試したAGA治療薬

・なぜ僕がこのAGA治療薬を選んだのか?

・僕が選んだAGA治療薬に関しての副作用の心配

・僕がAGA治療薬を手に入れた具体的方法

・僕のAGA治療の経過(月ごとの変化)

・まとめ

【以下本文】

・僕が実際に試したAGA治療薬

現在のAGA治療において、その手法は①内服薬②塗布薬③頭皮注射④自毛植毛など患者の「ハゲ具合」によって様々な治療法が存在します。

AGA治療の専門クリニックを受診すれば、医師との問診や血液検査などからどの治療がベストなのかというカウンセリングを最初に行うのが一般的です。

クリニックによっては初期の診察やカウンセリングが「無料」のところやキャンペーンを行っている所もあります。

しかし僕はこの手の「AGA治療専門クリニック」に通う事は結果的にしませんでした。その一番の理由は

「費用が掛かりそうだから」です。

なんだかんだ言ってもクリニックも商売です。僕は現在現役派遣介護士としても働いていますが、都内の総合病院での勤務経験もあります。

AGA治療専門クリニックに限らず、大手の総合病院でさえ「ビジネス」「商売」であることは当たり前の事実です。その結果「自分が必要でもない薬や治療」を売り込まれる可能性はもちろんあるでしょう。

その為僕は今回の「ローコストAGA治療法実践プロジェクト」において、専門のクリニックに通院することなく「AGA治療薬」のみを医師から処方してもらい服薬する、という方法を取りました。

現在一般的なAGA治療薬は内服薬、外用薬(頭に直接塗る薬)ともに複数取扱いがされています。

この続きをみるには

この続き:3,964文字/画像6枚

月9,000円×4ヶ月でハゲが治った!僕が試したローコストAGA治療法を完全公開!

さかもとままる

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。