文学フリマ東京 ありがとうございました

いまさらながら、5/6は文フリ東京でした。お客さんほとんど途切れなくていつもくらいの安定した売れ行きでした。来てくれたひと、ありがとう。

嬉しかったこと。
・二年ぶりくらいにかもさんに会えました。新刊も買えた!わーい。
・小説「ネイルエナメル」、緑陽社さんに印刷頼んだのだけど、担当者の方と偶然お会いすることができました。たまたま別の方の納品に来ていたそうで、偶然ちらりとうちのブースを見て、いつか担当した本だと思いだして声をかけてくださったんですって。びっくり。こんなことってあるんだね。この本は装丁にめちゃめちゃ凝ってて、お金もそれなりにかけたので、仕上がりがドキドキだったのだけど、さすが安定の緑陽社さん、おもったとおり、いやそれ以上に仕上げてくださったのです。
・リピーターの方が結構多かったのも嬉しかった。読んで良かったので他のも買いに来ました~って言われるの感激。
・別府でコージーコーナーに来てくれたひとが、マスターから文フリの話を聞いていたようで、わざわざ寄ってくれました。また別府でも会おうね!なんて話しました。手売りってたくさんの出会いがあるから楽しい。
・高梨來さん主宰のアンソロ「さよなら、おやすみ、またあした」がすごく人気で、あっという間に手元の在庫なくなっちゃった。装丁素敵だものな~もっとたくさん持っておけばよかったよ。あと、残り少なかった「星の瞳の君、つめたい朝焼け」も完売。
・嬉しい感想。

反省。
・新刊が間に合わなかったこと。
「星の瞳の君、つめたい朝焼け」が在庫がなかったので新装版を再販予定だったのだけど、新作一作書き足すつもりがそれが書けなくて出せなかった。詩集も進捗駄目で、昨年から本は一冊しか増えてないし、しかも新装版なので新作がない状況だったから、毎回来てくれるひとに対して買ってもらえるものがなかった(申し訳ない)。ちょっと頑張らんとあかんなーとおもっとります。新しい詩集、タイトル「ビューティフルハーモニー」にでもしてやろっかなとか考えてたけど、ちとダサいからやめよう。7月の東京ポエケットに参加予定なので、その時までに間に合わせたい。
・お品書きもフリーペーパーも間に合わなかったこと。
一体何やっとったにゃ!ダメダメです。
・愛想ポイント不足。
前日は早めに寝ないとね。地方勢の朝は早い。

所感。
以前のように会場がふたつに分かれてないのはよかったけど、毎回おもうけどブースが多いと行きたいとこ回りきれない。それとネットで事前に調べて決め打ちになる感じは、田舎の感覚なのかもしれないけれども、もったいないなあとおもう。文字だし、一期一会だし、じっくり見て回りたいのよね。売る側としても、いくら来場者数が増えたとしても、回りきれないならあんまり恩恵はないかんじ。こちらの集客力の無さもあるんだろうけど、地方のブース数100~200程度のイベントとそんなに売上変わらないという。でもブース数増えたせいか新規のお客さんが多かった感じはある。あと、文学に興味があるひとがいっぱいいるってことはいいことだなーとおもう。
普段あまり行かない評論のブースをじっくりめに見てみた。いくつか面白そうなの買えたので読むのが楽しみだ。そうそう、POSSEって雑誌を買ったのだけれど、たまたま荻上チキさんに話したら寄稿したことあるよーって。こんなとこにもチキさんが!流石です。
詩誌「て、わたし」第6号の特集が「生きづらさを越えて生きる」で、これよさげ。


アフター。
詩人のしばやまさるさんと夕食にしゃぶしゃぶに行きました。
19時に予約して、間に合わせるために、モノレールを天空橋で降りて、京急に乗り換えて大森海岸で降りようと思ったのに、天空橋で降りたらエレベータなくて動けなくなってしまった。駅員さんに聞いてないよ、って言ったら、お手伝いはいらないって断ったでしょって。
確かに板は断ったけど、エレベータ無いことくらいは教えておくれよ…なんて思いつつ、羽田空港国際線ターミナルまで遡って、品川まで行って乗り換えました。最初から品川に行けばよかったな。19時には間に合わず、しばやさんに連絡して大森駅で待ち合わせて、合流して走ってお店に行った。しばやさん、ごめんよ。しゃぶしゃぶ美味しかったし、お話も楽しかった。
小説の中に現れる書き手の無意識の話で盛り上がった。あとは例の「とうに古びたコンテンツ」の話から、しばやさんが今度出るしばやさんの地元のフリマイベントの話に。私の本も二冊委託してもらうことになった。そういえば売れ行き、どうだったかな。フリマだし、本は不利だとおもうけど(別府ではだいたいそうある)、食べ物や雑貨が並ぶ中に本も並んでるって、なんかいいな。少しでも気に留めてくれたひとがいたなら嬉しい。
一泊して次の日のお昼は品川のつばめグリルに。ホタテクリームコロッケが超美味しかったよ~。また来よう。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

まめん

ゆるふわポエムガール。行き場のない言葉たち。日韓ハーフ。車椅子歴もうすぐ10年になるよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。