雪舟えま!

白くなった蜂蜜がすき! https://yukifuneemma.com/
固定されたノート

空が青くて君がすきで 2064.1

舞台は2064年。社会人みどたてが未来北海道に引っ越してから、さらに月へ移住するまでの日々。その一日を一話ずつ、日記のように描いていく試みです。

いきなり楯くんが謎の全身超むくみ症状を呈しており、緑がその看護・介護をしているという特殊な状況から始まりますが、さきに『幸せになりやがれ』を読んでおくと、そのあたりの事情がわかりスムーズに読み始められますのでぜひおすすめしたいです。

*この作品は投げ

もっとみる

🤤餅とフィラヴァンドレル🧝🏻‍♂️めも0622

ぼた餅って、おはぎと内外逆転したものなんですね。

まん丸に見えるけど、真上から見るとほんのり小判型です。

餅っていうよりおにぎりみたいだよね、ご飯粒の形がしっかり残ってるし。でもね、食べてみると口の中ですぐ餅になる。これは、「あと数回噛めば餅になる」いわば「寸前餅」とでもいいたい状態で売られているのかと理解した。口の中で餅を完成させるというコンセプト。

中のあんこは粒あんで、水分多めで柔らか

もっとみる

🚩🐿️🐿️スコイアテルの愛しさったらない✨🧝🏻‍♂️✨めも0618

グウェントに新たな拡張パック来ました~!

星氏の「ウィッチャー3」プレイを背後に張りついて観てましたから、ノヴィグラドの闇社会の面々が新勢力になると知ったときは、もうありありと目に浮かびました。新勢力は「永遠の炎教団」が来るかと予想してたけど、もっと大きなくくりでしたね。

雪舟さんはスコイアテルの一勢力のみ、入門者から初級者へ移行したかなというくらいで、他の既存勢力のことはかなりわかんない。こ

もっとみる

俺たちフェアリーている

深夜、すこしぬるくなった湯の中で、家の中がとてもしずかだと気づいた。もう彼は寝てしまったかな。そう思ったから、風呂をあがったときに居間にまだ彼がいるのを見たときにはうれしくなった。
「緑、起きてたんだね」
 俺はいった。テーブルのキーボードに指をおき、周囲にいくつもウィンドウを浮かべて作業をしていた彼は、こちらを見てうなずいた。なかなか暑くならない未来北海道の七月にしびれをきらして、家ではアロハシ

もっとみる

恋の神さまを何度でも

散歩ちゅうに、神社の前を通りかかった。
「よってみる?」
 白い鳥居を見あげて緑がいう。俺はうんといって、ふたりで鳥居をくぐった。参道の両脇の木々はおりからの霧雨にしっとりとした香気を放っている。
 緑は「だれにしようかな」とつぶやき、賽銭箱の「神さまガイド」バーに触れ、浮かびあがったウィンドウを流れる神さまたちのイメージ写真を眺める。縁結びに健康祈願、商売繁盛、家内安全、安産祈願などなど……願い

もっとみる