極楽鳥に話しかける。


公休日2日目は、1日まるまるお勉強会な火曜日でした。



午前中は、スタッフ向けのお勉強会にいっしょにまざってー(詳細は明日のサロンブログで。


午後からは、オーナー向けのお勉強会。



オーナーとかなんとかなんつって、、、。


昨年来、定着を見ないスタッフたちの背中ばかり見送るだけの、体たらく。


何にもないってこと、そりゃあ何でもありってこと。


失いまくると何も怖くなくなるものです。すべきことは新しい学びを自分のなかに入れるだけ。


くわえて、まるで対極にいる経営者さまに会いに行けば効果はさらに倍増。



ってことで、、、。




伊藤、マジかよ。



自分でも突っ込みたくなるくらい、真逆のスタンスを張る方たちのお話を伺ってきたのでした。

「私がめいっぱい美容師をやっている限り、美容師を守っていくことはできない(経営者にはなれない)のかな。」



脱皮前後の姿より、脱皮していくその過程にこそ意味があると思っているので。


四十路前のおっさん思春期。頭抱えながら、抱えている自分のまま、ジタバタしながらジタバタした自分のまま、今しばらく進んでみます。


桃色の雲はどこへやら〜。


ヘアスタイリスト 伊藤 護

https://facebook.com/mamoxichie

https://instagram.com/mamo.hair

LINE@ ID : @mamo.hair

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

mamo_hair

美容師版学問のすゝめ

これからのヘアサロンが向き合う環境を考察しながら、自分たち美容師が、これからも「美容師」でいるためにできることを発信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。