お客様からの問い合せでドキドキな一瞬がある。

それは、電話である。苦情かもしれない。そんな恐怖の中、笑声で電話に出るのである。ある日電話が鳴った。


「お電話ありがとうございます」お客様の第一声。
「あのぉほんとうにすみません」と柔和な声。

少なくとも苦情ではなさそうである。続けて「今日お電話頂いてしまったのに出られなかったんです。ほんとすみません」電話の向こうで受話器を持ちながら頭を下げている姿が想像できる。このヒト絶対いい人だ。本を注文されていたのだろう。


「注文されていましたか?」と伺うと「はい、しております」
電話番号を伺い、パソコンで伝票を開いた。すると「いい人」をやめれば楽になるというタイトルが飛び込んできた。○○様、この本を読んで楽になって下さい( ̄▽ ̄)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

まなび暮らす

みんなでつくるローカルライフメディア 湘南に集う人々が、暮らしの中で感じたこと、見つけたことを気ままに綴っています。 #まなび暮らす #ローカルメディア

いろんなヒト.コト

石田いずみ(いしだいずみ)/横浜市 藤沢市の書店に勤務。「本」をとおして出会ったヒトとコトのお話です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。