Web制作で「売れやすい料金表」を作る方法【稼ぐための心理の話】

Web系フリーランスの僕ですが、現在使っている価格表を公開します。
なお、単純に価格を掲載しているだけじゃなく、「心理テクニック+SEOの付加価値」も乗せています。

✓売れやすい「Web制作の料金表」を作る方法
・料金プランは3つ用意する
・必ず付加価値を用意する
・項目を細分化する

基本的には上記のとおり。

なお、付加価値の部分は「SEO」にしています。
その理由は、SEOという付加価値は優秀&実装コストが高くないから。

✓SEOを付加価値にして「未来を売る」ことが大切です。
下記のTweetのとおりです。

「Webサイトを作りませんか?」といっても、Yesという人は少ないので。
ブログとかでも置き換えできまして、友達にブログを勧める時は、どのように誘いますか?

✓友達に「ブログ」をオススメする場合
・A:ブログ始めてみたら? → 怠いからいいや。
・B:ブログで副収入を作ってみたら? → ちょっと話きかせてよ。

すべて同じですね。
人にもよりますが、ブログの付加価値は「副収入」の部分ですね。

というわけで、前置きは以上です。
さっそく見ていきましょう。

✓Web制作のパッケージ費用+解説書の内容
・料金表の公開+解説
・営業パートナーを探すコツ
・見積作成例の公開+解説

すべて僕が実際に使っているものです。
これらのツールで、月100万以上の利益を出すことができましたので、信頼性も高いはず。
※参考:【実体験】フリーランスエンジニアとして月収100万円を稼いだ方法

✓お値段:5,000円
ちょっと高めですが、1件でも受注すれば余裕で回収できます。
料金プランは3つ用意していますが、最安値プランでも利益15万8,000円です。

この続きをみるには

この続き:4,624文字

Web制作で「売れやすい料金表」を作る方法【稼ぐための心理の話】

Manabu Bannai

5,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😌
64

Manabu Bannai

test1

2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。