狂斎 第壱話(前) 酔いどれ狂斎

23

ちさかあや「狂斎」

仕事なし・金なしの甲斐周三郎は、毎日絵を描き、酒に溺れる日々を送っていた。そんなある日、不思議なカエルと運命の出会いが……。幕末〜明治にかけて活躍した絵師・河鍋暁斎の不遇時代を描く、画鬼道絵巻。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。