彼の存在を確定させること

なんか俺んちネズミがいるんだよね。去年ばあちゃんが転出してからしばらく放置された家に初めて立ち入った日に、使われてない風呂場と、併設された小屋に大量の小動物のフンがあるのを見つけたのが彼との最初のアレだった。
俺がここに住み始めてからも彼の影は俺を脅かし続け、押し入れに穴あけたり天井裏で騒いだりと割りかしありきたりな害獣っぽさを醸し出していた。

ある時、奴はどこから来てどこへ行ってるんだ?という疑問を持ち調査したところ恐らく風呂場の中のどこかを拠点にし(ハムスターを飼ったことがあるので彼らはある程度マイホーム的な場所を持つ習性があると思う)、俺が洗濯機の排水のために風呂の引き戸を開けっ放しにした隙に台所、居間に侵入しているみたいだった。それなら風呂場の戸さえ閉めておけば入ってこないんだという結論に至ったが、ずぼらな俺はたびたび彼らの為に門戸を開け放ち楽しみに取って置いた鈴カステラの袋に穴を開けられて絶望することもしばしばあった。

それで物語は昨日の話になるんだが、夜にマッキー氏とバトルフィールドハードラインのオンラインプレイをしていて、敵にやられた時に俺は必ず断末魔か罵声を結構な音量で発するんだけど、ある時それを発すると同時に何者かがビクッとする音が聞こえて音の方を見ると居間のガラス戸越しにまさに彼の影が逃げて行くのが見えた。結構恥ずかしいところを見られたから一刻も早く排除したいが正直、相手が哺乳類と言うこともあって対面時に屠る勇気が出る気もしないし、半年以上一緒に暮らしてるから自然にどこかで生涯を終えてもらうか、このままなぁなぁな関係を続けていくしかないと思ってる。
あの、どうすればいいですか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

21

プレミアムセレクション

「恋人や家族、大切な人に贈りたい。」 「最高の日を、このnoteで締めくくりたい。」 そんなやつ。
1つのマガジンに含まれています

コメント5件

ねずみ算式に爆発的に増えるので、即刻退去してもらってください。
↑そうなんですね^_^; ネズミって、本当にほっておくとどんどん増えるのか…。猫を飼って、なるべく自然な(?)形で退去してもらうとか? 自主避難していくかも?
↑仕事柄、飼育してます。
♂♀そろわぬうちに!
二十日で10匹。その中から20日で数組が妊娠し始めます(怖)
捕獲して、飼うとか?
猫を飼うと居なくなるのでは?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。