2019/5/17 J1第12節 川崎vs名古屋 レビュー

結果は1-1。スタメンはこちら。

・川崎のビルドアップから見るサッカーの大原則
 この2チームがなぜパスをこれほど回せるか。この試合は川崎の攻撃が目立った印象なので川崎を例に振り返っていく。
 川崎(名古屋もそうだが)の攻撃の立ち位置の原則として、
相手の斜めに立つ
ボール保持者に対し、斜めに立つ(縦のコースを空ける)
ことが挙げられます。

 相手の斜めに立つことは、たびたび言っているが、斜めに立つことで、縦へのパスコースを確保し、かつ相手のプレスを受けるのを防ぐ。両チームともボランチなどがDFラインに降りる場面もあったが、それも相手に対し斜めに立つことで、パスが詰まることなく、周りが見える状況を作っている。前の選手も、ゴールに背を向け真正面からプレスをうけるのを防ぎ、なるべく体を開いて受けるために、斜めに立っている。

 ボール保持者に対し斜めに立つことは、わかりやすいのが、CBがボールを持ちビルドアップする場面。この時にボランチの大島、田中が、CBからの縦のパスコースをあけ、CBに対し斜めに立っている。

 ボランチがCBの縦のコースに立ってしまうと、ビルドアップ時にボールを受けにくる場面が多いボランチにとって受けに来た時に、ゴールに背を向けた状態で受けに来る可能性があり、またCBとボランチの2人の関係になってしまいます。
ただ縦を空けることにより、縦パスを受けれる選手が出てきますから自然と三人目が出てきます。これらを基にいたるところで三角形を作ることが出来ます。
よく斜めに立つことが出来ないと、「ボールに寄る」傾向があります。ただしっかり角度が作れていればコースが作れているので、最終的に微調整はしますが、寄る必要がなく「ポジションを守ればいい」ようになります。この試合ではボールに寄る選手は少なかったと思います。よく「同じレーンに立たない」と言われますが、この原則に基づいたこととも言えます。
 「WM」も「5レーン」もこのボール保持者に対し斜めに立つ(縦方向に立たない)ことの全体像だと思います。ボール保持者、相手からずれていけば、三角形(+ひし形)がピッチのいたるところで作られ、相手からずれた三角形の連続により、ボールの保持、前進を可能にしてると思います。
 この原則を基に試合を見返してもらえれば、より楽しめるのではと思います。

・4-4-2の泣きどころをついた両チームのクオリティ
 
両チームとも前途した原則を基に、足元のパス中心に相手を動かし、できたスペースを使うサッカーをしている。両チームとも守備時は4-4-2で守るが、このシステムの泣きどころは、ハーフスペースであろう。
 川崎は、シミッチの外側のスペースを起点にする場面が多かった。名古屋のサイドハーフは、中盤のブロックに関わり内側を閉めるより、相手のSB(人)を見るのが原則で、守備に関しては厳しく言われていないのだと思います。
 13:05~は、谷口から中村が縦パスをうけた場面だが、このときシャビエルは相手のSBを見ており、その分サイドハーフとボランチの間が空いたところを通されている。シミッチの外側のスペースでボールを受けたシーンはいくつもあり、相手のサイドハーフの守備を見た上での狙いだったのではないかと思う。

 ここでも、「相手の斜めに立つ」、「ボール保持者の縦方向に立たない」ことにより、縦パスで前進できた場面といえるでしょう。相手からずれることで5レーンとなり、ハーフスペースにボールが入ったことで、DFとしても出づらく、穴が空いてしまう。

 もう一つ、74:14~では、ジェジエウがボールを運び、齋藤に縦パスを入れたシーン。ここでも和泉は、馬渡を気にする立ち位置から、ボールを運んできたジェジエウを気にし内側に絞った。和泉としては、人を見るのが原則(第一)だが、自ら判断し中を消しに行った。個人的には、まず中を切ることを優先し、外にボールを誘導する守備をとるほうがいいのではと思いました。ただ川崎としては、和泉が、「外を切れば中(齋藤)が空く」「中を切れば外(馬渡)が空く」といった上記の図のような状況を作った。

 またジェジエウが幅(ハーフスペース)を取ったことで、角度を作り、相手の体の向きを変え、死角を作った。そこから吉田が馬渡に引っ張られたところを、齋藤が逆をとりライン間で受けた。この場面もまずハーフスペースを使ったことにより、優位なポジションを取ったことによるもので、やはりハーフスペースは4-4-2にとって使われやすいポイントとなる。

・おわりに
 読んでくださりありがとうございました。レビューというより、ポジショニングにフォーカスした分析になりました。ここで言及したポイントに注目してもらえると嬉しいです。
 非常にレベルの高い試合で、面白かったです。ここで言いたいのは、両チームともパスサッカーができるから凄いのではないことです。確かに凄いのですが、それを可能にするポジショニングがあるということ。このポジショニングは、サッカーをするうえでの大原則だと思っています。別につなぐことに拘らなくても、裏へ蹴るなら蹴ればいい話です。そのポジショニング(原則)があって個が輝く。
 両チームとも、チームとしても、個人で見ても、サッカーが上手いといえるナイスゲームでした。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

yuya

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。