見出し画像

【再掲載】たぶん私はポリアモリーだと思う

関係者全員の合意に基づき、多重的な性愛関係やロマンチックな関係を営むライフスタイル、また その関係性のことである

私は同時期に複数の異性とお付き合いしたことはない。
それは身持ちが固いからではなく、10年に一人くらいの割合でしか人を好きにならないから。

もし、私に彼氏がいる状態で、他の誰かから告られたら、「彼氏いるけどいい?」と聞き、「いい」と言われれば彼氏に「別の人から告られた」と報告した上で「両方ともつき合いたい」と言うだろう。

その結果どうなるかは、そうなったことがないからわからない。
普通に考えれば修羅場になるよな。私が非モテでよかったよ。

浮気性とポリアモリーは似て非なるものだ。

浮気性の人は自分が浮気をしても、パートナーの浮気は許さない。
ポリアモリーの人は許す。というか、許す、許さないという概念がまずない。

友人関係において「私以外の人と友達になるなんて許せない!」と怒り狂っている人がいたら、頭のおかしい人だと思いませんか?
この人と友達になりたいと思ったら、どんどん友達になって、友達同士紹介しあったりして、交友範囲を広げていきますよね?

私は恋愛もそれでいいと思っているから、束縛の強い人がすごく心の狭い、頭のおかしい人に見えてしまう。

「誰を好きになろうと本人の勝手じゃん。何の権利があって他人の自由を制限しようとすんの?」と本気で不思議になる。
「なんて不寛容で利己的な人たちなんだろう」と。

でも私が間違ってました。すいません。
浮気を許さないのは、あの人たちがモノアモリーという種類の人たちだったからなのですね。

数年前、ポリアモリーのことを知り、どうやら自分はポリアモリーではないかと思い至るにつれ、モノアモリーの人たちに対する理解が足りなかったと反省しております。
私の考え方は、ヘテロセクシャルの人に対して「異性しか愛せないなんて性差別主義者だ!」と断罪するのと同じくらい頓珍漢なものでした。

それでも、だ。
人は皆、本質的にはポリアモリーなのではないか、という考えも、いまだ拭い去れないわけです。

モノアモリーは社会によって刷り込まれた後天的な性質にすぎす、人としての自然な姿はポリアモリーではないのかと。

どっかの部族で、そういう村なかったっけ?
結婚という制度がなくて、女は気に入った相手となら誰とでも寝て、生まれた子供は村全体で育てる、みたいな。

私はあれこそが人間の営みの本来あるべき姿であると思えてしょうがない。
ああいう社会になれば、ずいぶん平和な世の中になって、少子化も止まる気がするんだけどな。

【補足】

ポリアモリーの恋愛って、ただのセフレちゃうのん、と思われる方がいるかもしれませんが、ポリアモリーの恋愛にはプラトニックなものも含まれます。恋愛相手を自分の所有物とみなさない、その延長線上に、複数相手の恋愛がある、と自分は理解しています。

【追記】

その後、ポリアモリー系のテキストを色々読んだ結果、どうやら私はポリアモリーではなく、嫉妬心を持たないタイプのモノガミーっぽいと気づいた。その話はまた明日。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お金ほしいな~💰

12

いそろく

前世はリス。趣味は世直し的な何か。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。