見出し画像

いつも3時まで起きて何をしているか

何年か前から流行ってるストレンジャーシングスを先週から急に見始めてどっぷりハマって5日間くらいで3シーズン全部見た。新シーズンを心待ちにしていた皆さまの気持ちがわかった。そして一気に見れて良かったなとも思った。何を見ても何を聞いても「それ、ストレンジャーシングスじゃん」と言ってしまう。見てない奴にも平気で言う。ミリーボビーブラウンが可愛くて次の髪型はスターコートでショッピングするイレブンの髪型にする。ちょっと染めれば出来そう。

あと昨日の夜中、村田沙耶香さんの「殺人出産」を全部読んだけど面白かった。短編で全部で4つのお話があるけど、小説の世界観に違和感を抱きつつも許容している自分もいて、やがてこういう世界になっていくんじゃないかな、と思ったりした。

そういうドラマや小説の世界で暮らすように数日間過ごしていた私だけれど、SNSを開くとしばらく会っていない友人たちの近況が流れてきて、以前ならsxxt!!もしくはfxxk!!と思っていたような内容も安心するのだった。それに、やっぱり何年か前とは世界が、私の心境が変わってきたような気がする。私という一人の人間が日に日に、解放されているような感じ。何に縛られているのか分からないけれど、手を伸ばせばなんでも届きそう。

ドラマも小説も私の生活も、全部リアリティがなくて全部作りもののようで、もしくは全部が本当に現実。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願い致します。マガジン「一服」の資金に充てます。

ありがとうございます!
8

𝚖𝚊𝚘 𝚗𝚊𝚔𝚊𝚣𝚊𝚠𝚊

カメラマン、エッセイスト。1988年生まれ、東京都出身・在住。写真を撮ったり、文章を書いたりしています。フィルム写真とともにブログ「record of tokyo」を日々更新中。お仕事のご依頼はお気軽に。

maomemo

ちょっとしたメモ帳
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。