img011のコピー

原美術館で見たルイジ・ギッリのフォトグラフィア

原美術館でドイツ銀行コレクションの展示に行った時、初めてルイジ・ギッリという作家を知った。あの時飾ってあったのは2枚ほどで、夜のレストランの風景ともう一つは部屋の写真であったと思う。こんなにうっとりする写真は見たことがなかった。紙を触ってみたくなる、もちろん触ってはいないけど。展示を見たあと、ミュージアムショップですぐに、みすず書房から出ている写真講義を買ったのである。その本の面白いこと。私は写真の技術的なことは、ある程度習ったが、写真を学ぶということはしてこなかった。教えてもらいたかったことが優しく書いてある。これは本当にたくさん読んで、付箋がたくさん付いている。

私の写真のシリーズにBreathe under the daylightというのがあるが、これはルイジ・ギッリに影響を受けて作った。

maonakazawa / 2016 "Breathe under the daylight."

『カメラはペンのようなものです。ですから、重要なのは、どのように書くかを学ぶことで、その性能は関係ありません。写真[fotografia]とは、その語が意味する通り、光で書かれたものですから、使う道具より、光で書いたり読んだりする術を習得することの方が大切です。』−写真講義p139より引用

fotografiaはギリシア語のフォース、光という言葉から来ている。そこで私は光を意識して制作してみようとなったのだ。Breathe under the daylightは講義を受けた生徒の課題制作のようなものである。

いつか留学をしてみたいな、と思っていたが、気の持ちようで、いつでも留学しているような感覚になる。学ぼうという気持ちさえあれば、場所はどこでも良いのでは、と最近は思うのだ。望む環境が揃っていないからと言って何もできないわけではない。過去のたくさんの記録は、私たちのために残されている。いつどこでそれを受け取ることができるかは分からないが、必要であれば目の前に現れるのである。そして、受け取ったものは次の人へ必ず渡したいと、私は思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願い致します。マガジン「一服」の資金に充てます。

ありがとうございます!
9

𝚖𝚊𝚘 𝚗𝚊𝚔𝚊𝚣𝚊𝚠𝚊

カメラマン、エッセイスト。1988年生まれ、東京都出身・在住。写真を撮ったり、文章を書いたりしています。フィルム写真とともにブログ「record of tokyo」を日々更新中。お仕事のご依頼はお気軽に。

record of tokyo

born1988 / Tokyo, Japan / female / camera 東京の記録
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。