親バカ日記3

わたしは体力がないので、
夕方になると力尽きてきてぐったりしてくる。

でも夕方以降というのは家事や育児のあれこれが
ひっきりなしにドドドドドドドと押し寄せてくる時間。

なので、17時以降のわたしはたいてい険しい顔をしている。

でも先日次女に
「おかあしゃん、どうして怒った顔してるの」と聞かれてしまった。

「ちょっと疲れちゃったんだ、怒ってるんじゃないんだよ」
と答えたけど、
これはあんまりいい傾向じゃない、ということくらい、
育児に向いてないわたしでもわかる。


疲れていても、本当に体調が悪いなどという理由がなければ
子どもたちの前ではできるかぎり笑顔でいよう、
と決意したものの、
やっぱり夕方になるといろいろ辛くなってくるので
眉間にしわが寄る日もあって、
自己嫌悪のループにはまる日々。


昨日も次女に
「おかあしゃん、つかれちゃったの?」
と聞かれてしまった。

ああまた顔に出してしまった、と反省しつつ、
「疲れてないよ! 長女と次女がニコニコしてたら
お母さんはいつだって大丈夫!」
と返事をした。

それ以降、
次女はずっとニコニコしながらこっちを見てくる。
「次女、ニコニコしてるよ!」
と言いながら。


家事が山盛りでイライラしていても、その様子を見てたら
いろんなことがどうでもよくなってきて頬が緩むので、
娘たちの笑顔は最高です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは受診時のランチ代もしくはカフェ代として大切に使わせていただきます。

7

鞠 ようこ

紀南地方(三重・和歌山)でライターをやっています。noteではさらさらと綴ったエッセイ的なものを更新します。

つれづれようこ

ライター/二児の母/脳腫瘍患者を兼任する鞠ようこのエッセイマガジン。家族のこと、日々思っていること、病気のことなどをつれづれなるままに綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。