ヤク漬け日記

わたしは脳腫瘍(神経膠腫)の治療中なので、常用薬も多い。

・朝晩のイーケプラ(抗てんかん薬)
・毎食後のロイコン(化学療法などで減った白血球を増やす薬)
・就寝前のフィコンパ(抗てんかん薬)

まず、この3つは欠かさず毎日毎日飲む。


それに加え、月に5日間、化学療法の薬も飲む。

一般的に「化学療法」と聞くと
病院で点滴を受けることをイメージする人も多いと思うけど、
脳腫瘍の抗腫瘍薬「テモダール」はカプセルを口から飲むだけ。

ただ、テモダールだけ飲めば良いかというとそうではなく、
副作用を抑える薬も併せて飲む必要がある。

そのため、月に5日間は、上に書いた常用薬に加えて

・起床直後のカイトリル(強めの吐き気止め)
・30分後にテモダール(今はカプセル3つ。服用後1時間は食事禁止)
・毎食前のドンペリドン(吐き気止め)
・必要に応じて酸化マグネシウム(便秘薬)

を飲む。多い。

ちなみにわたしは副作用としての「吐き気」が
ほとんどないので、ドンペリドンはよく飲み忘れる。


先日病院へ行き、1ヶ月分(テモダール関連は5日分)の
薬を処方されてきたので、
今日の午前中は家事を一通り終えたあと、
それぞれの薬を整理していた。

10個ずつくっついている錠剤を
1日分ずつに分けたり、
ずらーっとつながっている粉薬を
ぴりぴりと1袋1袋分けたり。

地味な作業だけど、もらった直後にこうやってしておくと
飲むときにラクなのだ。
毎日のことだから、できるだけラクしたい。


出かけるときは、当日分の薬はもちろん、
出先で何かあったときのために
念のためもう1日分の薬セットをお守りのように鞄に入れている。

そのお守り用の薬は、
使わないまま古くなっちゃうともったいないので
毎月1回、薬を処方されたときに入れ換えることにしている。

そうそう、今回は「非常持出袋」に入れるための袋も別に作った。
お守り用と併せて3日分になるように。
次回からはこれも入れ替え対象。


正直めっちゃ面倒だけど、病気になっちゃったんだから仕方ないよなぁ。

病気(およびそれに関連する生活上の不都合)について、
「なんでわたしが!!」
と思うことだってしょっちゅうあるけど、
でも結局受け入れて生きていくしかないのよね。

すごい量の洗濯物が風にゆらゆら揺れるのを眺めながら、
薬の整理中にそんなことをぼんやり考えてました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは受診時のランチ代もしくはカフェ代として大切に使わせていただきます。

5

鞠 ようこ

紀南地方(三重・和歌山)でライターをやっています。noteではさらさらと綴ったエッセイ的なものを更新します。

つれづれようこ

ライター/二児の母/脳腫瘍患者を兼任する鞠ようこのエッセイマガジン。家族のこと、日々思っていること、病気のことなどをつれづれなるままに綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。