鞠ようこ的「小一の壁」

「家事と育児はどの時間帯が一番忙しいか」と聞かれたら「夕方から夜」と答える人が多いと思う。

この時間帯は

・夕食の準備
・食事(「食べさせる」も含む)
・片付け
・風呂&ドライヤー
・歯磨き

などなど、やること目白押し。かつ「事前にやっておく」ことができないものばかり。(夕食の準備は朝のうちでもできるけど、盛り付けとか温め直しとかは直前じゃないとできないし)


ついこの間までは長女も次女も保育園に行っていたので、

・17時までは帰ってこない
・それ以降は家にいる

のが当たり前だった。なので夕方以降の予定は比較的立てやすかった。


一方、小学生になった長女は毎日15時半頃に帰宅する。

帰宅時にお友達が一緒にいることもあるし、近くの公園でお友達と待ち合わせて遊ぶことも多い。

公園などへ出かけるときは「17時までに帰っておいで」と言って送り出すけど、お友達と夢中になって遊んでるから、まあ時間なんて守らない。大抵20~30分は過ぎる。

その後の予定はズルズルと後ろ倒しになっていく。


というわけで、最近のわたしの悩み、言い換えるとわたしの中での「小一の壁」は

「平日15時以降の予定が毎日毎日流動的すぎて追いつけないこと」だ。

ただでさえ夕方になると体力が尽きてきてぐったりしてくるのに、それに加えて

・長女の帰宅後の予定が帰宅時にならないと分からない
・予定時刻に帰って来ることの方が少ないので無駄に気を揉む
・そんな中でどうにかこうにか時間をやりくりして作った料理(一応栄養とかカロリーとか考えてるんですよ)に文句しか言われない

など、母的に踏んだり蹴ったりの日々。

子どもとはそうやって成長していくものだ、と頭ではわかっていても、ただでさえ疲れている身体と脳には非常に堪える。


解決策をいろいろ考えたけど、結局「早くこの生活に慣れる」しかないんだろうな。

そして夕方ぐったりしないための体力作り。

明日から早朝ウォーキング再開しよう。無理のない程度に。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは受診時のランチ代もしくはカフェ代として大切に使わせていただきます。

13

鞠 ようこ

紀南地方(三重・和歌山)でライターをやっています。noteではさらさらと綴ったエッセイ的なものを更新します。

つれづれようこ

ライター/二児の母/脳腫瘍患者を兼任する鞠ようこのエッセイマガジン。家族のこと、日々思っていること、病気のことなどをつれづれなるままに綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。