耳栓を買うか否か

先日本屋に行ったとき、夫に「HSP(=Highly Sensitive Person、外的刺激に対して高い感受性を持つ人のこと)」についての本を薦められた。

わたし自身はどちらかというとHighly Tekito Person(=非常に適当な人)であり、Highly Donkan Person(=非常に鈍感な人)でもあるので、なんで?と思って理由を尋ねたところ、「ようこ、音が苦手でしょ」と言われた。


疲れているとき(主に夕方~夜)に子どもたちがそれぞれの意見を同時に甲高い声で話し出すと、それだけで頭がこんがらがって誰の声も入ってこなくなる。

疲れていなくても、大音量でいろんな音が鳴りまくっているゲームセンターは気分が悪くなる。そのためできる限り行きたくない。

ビーズやどんぐりみたいなこまごまとしたものがバラバラと床に落ちる音が鳥肌が立つほど嫌い。


上記の例は、それぞれ独立した困りごととして捉えていたから、あんまり意識していなかった。でもこうやって考えると、夫の言うとおりわたしは音に関してやや過敏なのかもしれない。脳腫瘍の手術をする前からこの傾向はあったので、腫瘍や手術のせいではなさそう。

自分がHighly Tekito Personであるという自覚しかなかったのだけど、聴覚過敏については今後ちょっと意識していこう、と思った次第です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは受診時のランチ代もしくはカフェ代として大切に使わせていただきます。

8

鞠 ようこ

紀南地方(三重・和歌山)でライターをやっています。noteではさらさらと綴ったエッセイ的なものを更新します。

つれづれようこ

ライター/二児の母/脳腫瘍患者を兼任する鞠ようこのエッセイマガジン。家族のこと、日々思っていること、病気のことなどをつれづれなるままに綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。