マラカンダ商会

資本主義とグローバリズムは、早く、安く、均質なものをいつでもどこでも手にできるようにしました。しかし、そういった「現代」という「フルイ」からこぼれ落ちると「いいもの」であっても簡単になくなってしまうようにもなりました。さてどうしたものか。書いてみます。
  • マラカンダ商会の告知、宣伝、紹介、募集、商品をお知らせするマガジン
  • マラカンダ商会はなぜそんなことをするのか。 その元となった出来事、考え方をまとめたマガジン

「作る」と「育てる」

「ものづくり」「まちづくり」 「子育て」「保育」 物事に対しては「作る」 生物に対しては「育てる」 そんな印象を持っていたし、実際にそういう使い分けをしていた。 ...

「バス」

最近、田舎でバスに乗った。市街地から過疎地への路線。 週末の20時頃。JRの駅で電車から降りてから20分ほど待った。最終便だった。電車もバスも1時間に一本。それなら時間...