さだひ

編集や執筆をする会社員。とある金融機関出身。今のところ、社員インタビュー記事に携わる機会が多め。ライブに週3回行くぐらいバンドが好き。休日に出かけたら2冊本が増えるぐらい本が好き。目下の目標は、音楽や本にまつわる記事や、紙の本出版に携わること。
固定されたノート

noteでは好きなものを書いていくと決めました

こんにちは、さだひです。

前々回のnoteで、考えすぎてnoteを書けなくなったとお話ししましたが、書いていく内容を決めました!

飲みの席で、友人が「好きなものについて書けばいいじゃん! さだひが何でそれを好きなのか書いたらいいよ」と言ってくれて。たしかに、私の視点で組み合わせて、好きの理由を添えたら「私にしか書けないもの」だなと思えたんです(単純)。

「自分にしか書けないもの」を難しく捉

もっとみる

だいじょうぶ。自分で選べる人に、君はなるよ

新卒入社する会社を選ぶことができなかった。人生で初めての大きな挫折。就職活動の結果は散々だった。

「金融はぜったい受けておけ。どこか引っかかるから」と大学の先輩に言われて、しぶしぶ登録した金融機関だけが私に内定をくれた。

胃腸炎になるほどに身も心もすり減っていた私は、エントリーシートを出した20社ほどの選考がひと段落した時点で就職活動を終わりにした。金融機関に興味はなかったのだけど、そこに就職

もっとみる

andropの「悲しいことがあった日も、ライブに来てくれたからには楽しんでほしい」がつまったNOW PLAYING JAPAN Vol.3

2019年5月28日に開催されたNOW PLAYING JAPAN Vol.3。出演アーティストのうちの一組、andropに圧倒されて、さらに好きになってしまった理由を、曲を紹介しつつ記すnoteです。

※曲名にSpotifyのリンクをはっていますので気になったものはぜひ。

圧巻のライブでした。

力強いメッセージのこもったバラード『Hikari』から始まり、『Blue Nude』『SOS!』

もっとみる

個性の肯定からソウゾウは始まる

去る5月8日、日経COMEMOの「アート思考×ビジネス」トークイベントが、メディアアーティストの第一人者である藤幡正樹さんをお招きして開催されました。

シリーズ第3回となる今回のテーマは「気付くチカラ」。藤幡さんの言葉には、個性を認めることが、気付きをアウトプットへと昇華するために大切であるとのメッセージが込められていたように思います。

過去に浴びせられた悪気のない発言が、私たちの自由な発想の

もっとみる

やる気がでないなら、「やならないこと」を決めてみませんか?

こんにちは、さだひです。

10連休を満喫した後の仕事に想いを馳せて、絶賛ブルーになっています。やらなきゃいけないことが、次々に浮かんでくるのです。やる気の出し方から思い出さないといけないし……。

だけど、浮かんで来ている全部を一日でやる必要ってあるんですかね? たぶん、ないですよね(ないと思いたい)。心配で余計なことばっかり考えちゃうだけ。

だから、「やらなくちゃいけなそうなこと」から「やら

もっとみる

頑張りすぎの新社会人に寄り添ってくれる曲

社会人になってかれこれ3年。振り返ってみると、辛いときに頼りになったのは家族と友人、それから、音楽でした。

もともと音楽が好きでよく聴いていたのですが、「救われた……!」と思うようになったのは社会人になってから。

どんな気持ちのときに、どんな音楽に寄り添ってもらっていたのか――。

きっとこの音楽たちは同世代の社会人の心にも届くはず。最後にプレイリストを載せるので、一度聴いてみてほしいです!

もっとみる