「アイドルはサバイバー」戦慄かなのさんの記事を書きました。(1/1000)

「アイドルは想像を絶する「サバイバー」だった。虐待、非行、女子少年院の日々を乗り越えて」
https://toyokeizai.net/articles/amp/219049?display=b&amp_event=read-body

この記事を書きました!

先日、東洋経済オンラインで書いた乃木坂46の与田さんの記事が好評だったようで、編集長から「アイドルものをやりませんか?」と声をかけてもらった。

与田さんの記事は知人を通じての依頼で書いたもので、正直言ってそれまでアイドルにはあまり興味がなかった。でも、せっかくなので稀人ハンターらしいアイドルものを書こうと思い、以前からツイッターで注目していた戦慄かなのさんを提案。編集長、担当の編集者、そして戦慄さんからの快諾を得て、今回のインタビューが実現した。

これまで、本当にいろんな人にインタビューしてきたけど、戦慄さんのお話にはこれまでにない衝撃を受けた。小学校低学年の時に、お母さんが1週間帰宅せず、妹と水だけ飲んでしのいでいて餓死寸前だったと言われて、なんとリアクションすればいいのか、わからなかった。

非行の話も壮絶で、どこまで書くか悩んだけど、変にソンタクせず、虐待、非行、女子少年院から現在に至る過程を真正面から描いた。文字数は6000字を超えて、編集者に「長い」と指摘されたけど、どうかそのまま載せて欲しい、とお願いした。

本人も認めているように戦慄さんは「地下アイドル」だ。東洋経済オンラインで、地下アイドルのロングインタビューがどれだけ読まれるのか。今日公開された戦慄さんの記事は数時間、東洋経済オンラインのPVトップだった。

戦慄さんの記事は、自分にとって39歳の誕生日にこれから書くと宣言した「1000の希望と挑戦の物語」のトップバッター。これからもジャンルを問わず、稀人たちの希望と挑戦を描いていきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。