サングラスがないと歩けないのは、顔と弱さを隠すため。


サングラス

普通なら日焼け防止、眩しさ対策で使うもの。

芸能人だったら、顔隠しとかで使うんだろう。

私は芸能人ではないけど、1年中可能な限りかけている。

「いや、怪しいから」「人の目を気にして」「芸能人気取りかよ」


なんていっぱい言われた、聞き飽きた。もううんざりってくらい。

私は、日焼け対策以上にかけている理由がある。

1つは白内障対策

もう一つは、自分の弱さを隠すため

治療薬「ステロイド」の副作用・白内障で眩しすぎる

白内障
眼の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気。
内障は、放置さえしなければ基本的には失明する病気ではない。
しかし一度発症すると、薬では治らない。

http://www.asahi-net.or.jp/~pd2k-nim/symptom/

朝日がすごく眩しくて、
目に剣が突き刺さるほど。眼の奥が手でぎゅーっと潰れるよう。

家庭用照明、オレンジ色とかのあるでしょ?
あれでもダメな時がある。

東京では、道路の照り返しがきつすぎた。
何度目をつぶって歩いたことか。

安全に歩くために。多少だけど、緩和される。

顔を出して地元を歩くことが、こんなにも怖いって知らなかった


小・中学校の同級生に会いたくない。


高校を辞めた16歳の時からずっと思っている。


60キロ以上あり、顔もパンパンで足や二の腕は太くて、無愛想で笑顔は少なくて。醜い自分の容姿をダイエットやメイクで何もかも変えた。
当時、その姿を義務教育期間、いわゆるカースト上位のクラスメイトにからかわれた。


天然パーマ、図々しさ、太った体型

からかうには持ってこいの人間だった。

その上、高校を辞めている。
地元だから、噂は広まりやすい。知っている人は多いだろう。

23歳、法律上大人になった私や地元の同級生。
精神・肉体すべてで成長しているはずなのに。

こんな変わった姿を見られたら、どんな反応をされるんだろう。
高校のことも言われるのかな。

言う人いないだろうに。
「たった1%いるんじゃないか」と謎の恐怖や被害もうsに襲われて。

闇がどうしても拭えない。空気となって、頭の中や血管をぐるぐると猛スピードで駆け廻って。どんどん蝕んでいく。

地元を歩くときはいつもビクビクしている。
わたしだけ子どものまま。身体だけ成長してしまった。自分を守りたい自己愛に狩られている。

少しでも、カースト上位と対等になれる武器を使うんだ。
彼らが持っている天性を、モノで補う。

「わたしはわたしのままでいい」って気付けた。


こんなんで自分が上に行けるなんて保証は全くない。

けど、わたしにとって「ライナスの毛布」で


「わたしはわたしのままでいい」

って思わせてくれる。


これからもビクビクし続けるんだろう。隠し続けるんだろう。

それでもいい気がする。だって、わたしを一番分かっているのはわたしだから。この心と身体と死ぬまで暮らしていかなければいけないんだから。義務だから。気付かせてくれたんだ、自分の弱さに。

だから今日もかけている、サングラスを。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂きましたサポートは、通院費や取材費に活用させて頂きます。 全国各地、取材に行きたいです。

ありがとうございます(´∀`*)これを励みに更新します!
8

maria

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。