6/26(日)MariexChange! 夜の部☆宇田川ガリバー哲男⇒KENNEL⇒Marie⇒スペシャルゲスト SOLO-DUO feat. Shunji Takenaka  #マリエクスチェンジ


かなり遅ればせながらですが...(すみません!!)

昼の部の続きです。

服のリユースイベントxChangeとの合同開催はお昼の部のみで、15:30からは少しずつ中二階のエコイベントxChangeの片付けをし控え室仕様に。16:00にはいったんお客様には全員外に出て頂きました。

その後、客席を夜の部用に配置換え。

と同時に、夜の部スペシャルゲストのSOLO-DUO feat.Shunji Takenakaさん入り&リハーサル。

ということで、夜の部は全部で4組の出演です。(当日のフライヤー↓)


少々時間押してしまいましたが、

無事に夜の部オープン!

========17:00 START=============================


まずは宇田川ガリバー哲男さん


昼の部は鍵盤の方と二人での出演だでしたが、夜はがっつりと4人体制。久しぶりにちゃんと時間たっぷりめのライブをするということで、「かなり気合入ってる!!」と同時に「ものっすごく緊張する...」とおっしゃっていました。(そんなふうには見えなかったけど...)


知らない人と手を繋ぐ機会なんてなかなかないと思いますが、隣に居る人と手を繋がせてしまう曲があったり

Marie祭り以来生で聴く機会がなかったガリバーさんの歌声。昼の部のレポにも書いたのですが、私の中でのイメージといえばその時のまま(ちょっとイケイケな感じ)で止まっていたというのもありまして、この日ひっさしぶりに生歌堪能したわけですが。しっとりオトナな一面を、夜の雰囲気も相まってさらに素敵に味わうことができました。


そして、ガリバーさんは本当に心こもった歌を歌う方だなぁと思いました。なんかこの写真がそのような雰囲気たっぷりだったので選んでみましたよ↑



次はKENNELさん


「夜はまた照明が入って雰囲気変わるね〜いい感じだね〜!」

と、アタマから気合の入った演奏。


写真からも伝わる、この熱量!

ちなみに、写真がたくさんあるので、本当はスライドショーにしようと思ったのですが、こんな感じでいったん少しずつ選んで掲載していきます。動画もあるので編集したいのですけれども...。

KENNELさんのステージはとにかくいつも元気をもらえるし気分がスカっとします。

Jz bratのワンマンの時は途中に川相さんのソロ弾語りもあって、もちろんそれはジンワリと聴かせる空気で長時間の時はそれがまた生きてくるのだけど、今回の45分のステージだと3人でみっちり。

やはり全員気持ちのピーク?のようなものが揃った時のパワー感たるや、伝染します!

深々とお辞儀で終了〜!




3番目はわたくしMarie セッティング中にパシャリ

今回はこのようなメンツでお送りしました。

お初のギター平野友義さん、いつもトリオでライブしたり、サポートでお世話になっているPer&Cho金武功さんとBass紺野光広さん。

もはや疲れもピークでボーっとしておりまして、どんな感じで歌っていたか何をしゃべっていたかなどぜ〜〜〜んぜん記憶がございません!ので、ここに何を書いたらよいか分かりません 笑 動画もまだ見ていない...

写真を見る限りは何やら楽しそうなのできっと楽しかったんだと思います!


各アーティスト出演の合間にはFOSTEX様よりご提供頂いた景品の抽選も行いました。

スピーカーやイヤホンなど、たくさんご提供頂きありがとうございました!


そして夜の部のみのスペシャルゲスト!!

SOLO-DUO feat.Shunji Takenakaさん


ええ、もうホントにこの方たちアレです。アレなんです!! (もはやアレ呼ばわり!!)

キャー!!!!

そもそも矢幅 歩さんのライブ(ソロとかASΦKOとか)は何年か前から度々拝見してまして、とにかくその声がたまらなく好きであったわけです。でもって、ギターの竹中さんに「こういうのやるよ〜」と教えて頂いて見に行ったのが確か去年だったかな...、青山のBODY&SOULでお初に拝見しました、ギラ ジルカさんと矢幅さんのユニットSOLO-DUO。

ギラさんがこれまた優しく包み込んで来るような歌声で、二人が合わさって何と美しい声の重なりだろう!とうっとりしたのを覚えております。それに、醸し出す雰囲気もステキ。

でもって、そのうちイベント企画する時はぜったいにSOLO-DUOお呼びしたい!!と思っておりました。

(脳内では既に何度か開催済みだった)

実は、このイベントの日程を決める際にまずはじめにしたのは、お二人のスケジュールチェック。サイトで確認しました。
もともとは19日の日曜日を候補にしていたのだけど、確か19日はどちらかが埋まっていたのだったかな...。

公開していなくてもスケジュールは埋まっていたりするので賭けでしたが、

公開情報見る限り、26日なら空いていそうだぞ!!いや絶対に空いているはずだ!!


と信じて出演依頼。そして無事26日に決まったのでありました。

ライブが始まり何曲か終えたところで...

会場の店長キャサリンさんと縁縁(2Fギャラリーの)周作さんが外に出て、何やら不穏な空気...

お二人はなんと見回りに来た警官の対応をされていました...「ちょっと、音漏れで警察に通報があったみたいで外に来てて、音量下げてもらえますか」とのこと。


ヽ(`ε´;;ヽ)エライコッチャ!!!(ノ;;`з´)ノドウシヨウ!!!

実はこの会場は防音はしておらず、しかも今回のようにちゃんとステージと大きいスピーカーを入れてのライブは初でして。「アコースティック系なので20時以降でも大丈夫でしょう」と判断を頂いての開催だったのですが、夜は周りが静かになるぶん音漏れが思ったより目立ってしまったようです...。



警察来てるの...??


いる...???

(いたんです、婦警さんが)

そして、音量をかなり下げてもらい(モニターもだいぶ下げたのでかなりやりづらかったはずです...)ステージの流れを中断させてしまう形になりながらも、続行。


「今歌うとマズいので、MC延ばしてもらえますか...」と言うと

「嬉しい!!しゃべり過ぎで短くしろってのはあるけど、MC延ばして下さいってなかなかないわよね!」

とさりげない言葉で、場を盛り上げて下さるギラさん(T ^ T)ステキ♥︎

その後店長さんの説得などもあり警察はいなくなったようですが、音を大きくして次にまた通報があったら中止になってしまうとのことで、小さい音のまま続行。

しかし、そのような状況でもお客様たちを味方につけて空気を作り、そして、小さな音故に分かる、その技術の高さと表現力。

いや本当に、演者としてはこれはとてもやりづらい環境なので申し訳ないという気持ちは心からありつつ、同時にあまりにレアだし素晴しすぎて


「こんないいもの観せて頂いてありがとうございます!!」

という、主催者としての謝罪の気持ちと観客としての嬉しすぎる気持ちとの間を行ったり来たりでした。

お三方には本当に申し訳なかったですが、...最後まで楽しいステージを続けて下さってありがとうございました。

そして、近隣の皆さまにはご迷惑をおかけしてしまったことには変わりありません、申し訳ありませんでした。



そしてなんとか無事にステージが終わり

集合写真タイム

本当にありがとうございました!


そして最後に

な〜〜〜む〜〜〜〜


ではありません。


よ〜〜〜ぉ〜〜〜、ポン!!

からのパチパチパチで終了!

★夜の部ステージ写真: YUKARI EBISUさん

=====================


終了後はCD販売など行った後にすぐ撤収作業。ああ、撤収写真も撮っておけばよかったなぁ。すっかり忘れていた。片付けも出演者の皆さん、会場の皆さん、PAさん、皆が手伝って下さいました。

私がヘロヘロすぎてごめんなさい。荷物を詰めるのも適当になって、

「このスーツケースに荷物入れて来たのに、帰りは入らないのはなぜだーーーぁぅぁぁ...!!」

と、半泣き&半切れ状態に...笑


「もうちょっと整理して入れましょうねー」

と皆でやってくれましたよ。ええ。ありがとう。本当にありがとう。いつのまにか矢幅さんまで荷物詰めに加わって下さってました。ええ。(T ^ T)

ステージの引取りを済ませ、出演者皆さまを送り出し、会場の精算をし、鍵盤を近くのスタッフ宅までタクシーで持って行き預かってもらい、あとは電車で帰路。(ちなみにこの翌々日からベトナム行きだったのだけど、体力よくあるね〜と言われましたが、さすがに翌日は1日ヘタっておりましたよ。)


==========================

そんなこんなで、MariexChangeが無事に終了しました。

いつも「あ、こういうのやってみたいな〜」と思い付くと「とりあえずやってみなきゃ分からん」と、すぐに実行に向けて動き始めてしまう悪いクセがございまして、今回のイベントも脳内開催は数度したものの、決定したのはわりと急遽でした。


たいていのことは何とかなる

と思って生きていますが、実際は

たいてい誰かが助けてくれて何とかなっていた

と、結果的にそうであった事実が積み重なって

今の自分があると思います。


お越し下さった皆さまや、現場でお手伝い下さった皆さまに加え、会場に来られないけれど応援したい、とMarie Online Shopでのご協賛や、CAMPFIREでのクラウドファンディングで資金提供をして下さったファンの皆さま、企業協賛して下さったHABA様、景品提供FOSTEX様、いつも機材提供でお世話になっているKORG様、ZOOM様、会場の蔵前4273様、多くの皆さまのご協力に感謝致します。


「次回もあるんですか?」

というご質問もけっこう頂いておりますが...今回はあえて、「vol.1」や「第1回」の数字を入れずに開催しました。けれど、またそのうち開催したくなった時は、自分で最初の1歩を動き出しさえすれば実行出来るはず(!!)なので...


「気分次第です!!」


とお答えしておきます。


その時はまた応援して頂けると嬉しいです。



MariexChange 企画運営/主催  


Marie


====Thanks(敬称略)===

xChange:大湯 慶子、戎 正美

PA(昼夜):ashikagaNEMUNEMU

スタッフ:和田しずか、松岡ほなみ、原奈津美

写真:Mariko Imamura(昼)、YUKARI EBISU(夜)

いろいろ:堀裕美子(KENNELマネージャーさん)



引き続きスライドショーのUP、動画のUP、協賛お礼状等特典の発送状況についてはマガジン↓のトップページにてご報告していきます。

MariexChangeマガジンへ戻る



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

Marie∞Change! マリエクスチェンジ!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。